うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

寿嶺二さんお誕生日おめでとう!そして終わりにしようと思うこと

f:id:PrincessGorilla:20170712224329j:plain

し、しまったーーーー翔さんの誕生日のときにブログ書けない病だったので翔さんをスキップしてしまいました。お許し下さい・・・

※URLが音也になってたので嶺二に直しましたすみません

4月に音也、6月に翔、そして7月に嶺二。3人推しているとこのように流れるように3人の誕生日がくるのが毎年ワクワクして仕方ありません。

寿さん、うたプリというものを知っていたけど、うたプリというコンテンツにハマるきっかけになったのは明らかに寿さんのおかげです。本当にありがとうございます。

あの岩石のように硬い寿弁当を食べなければ、またうたプリに興味を持つということはなかったのでしょう。

マジレボのときに散々心配していたことも、マジレジェで、カルナイとしての活躍を見てすごく嬉しかった、んですが、寂しかった、のもあり、個人的には早くプリライでガムシャラROmanTicを歌ってくれーーーーー!!!! と思っています!!!

嶺二さんのことを応援するきっかけは、やっぱり扱われているキャラ部分にものすごい共感するからです。めちゃくちゃ冷たくあしらわれたりとか、構ってほしそうな寂しがりやっぽいのに、笑顔で笑ってるのに、繊細で脆くて、面倒くさそうなところとか。よくわからないけど、嶺二さんを見てると安心するんです。

アイドルとしての1面だけでなく、その裏側までみれてしまうのがうたプリのよいところで、ずるいところだとおもっていて、寿嶺二の場合は表向きのアイドルらしさだけだったら、きっと私はここまで寿嶺二という人を知りたい、応援したいなんて思わなかったと思うんです。

QUARTET NIGHTで蘭丸さんや藍さん、カミュさんにあれだけ強く当たられるというのを見れるのはきっとアイドルとしての彼らだけを見れるような状況だとしたら、関係性としてあんまり見れないのかも? と思ったんですがプリツイで相当強く当たられてたから、別にそんなこともなかったわガハハ(笑うな)

寿嶺二さんの選ぶ言葉のセンスのすべてがなんか好きです、寿嶺二だなぁというものを何故か強く感じます、嶺二さんには絶対に幸せになってほしい。

嶺二さんがくれる笑顔が、たくさんの人を笑顔にして、その手のひらに溢れた幸せはきっと、誰にわけても消えていかずに、きっとまた嶺二さんの元に戻ってきて、絶対に嶺二さんを幸せにしてくれるはずだって、そう信じています。

あー、色々我慢して考えていたことが、誕生日だというのに溢れてしまう。

ここから先は嶺二さんのお誕生日とは関係ない話なので興味なければ割愛してください

Twitterは消すと30日間の猶予があって、30日間にまた戻りたいと思うのなら、きっと戻るだろうし、この期間の間にもう戻らなくても、大丈夫だと思ったら、きっと戻ることはもうないと思うんです。

このブログも、最初はじめたときの主旨を大分違ってしまって、今日、全然関係ないけど、ヨッピーさんのブログを読んだときに、なんかものすごくモヤモヤ晴れたんですね。

yoppymodel.hatenablog.com

うたプリに全然関係ないし嶺二の誕生日ともはや何も関係ないのにこの記事へのリンクを貼ってしまって全方位への謝罪なのだけど、「あぁそうだ、ブログ書こう」と思ったり今回のことを決意できた理由はヨッピーさんがきっかけなので・・・。

前半のところは「何の話やねん」とこの界隈の出来事を知らなければわけがわからないと思うのであれですが、自分がフォーと思ったのは「アンチが産まれたこと」という項目のところです。

「見てる人全員を納得させるのは不可能ではないか」と最近思いはじめております。

もちろん「理解してもらうための努力は続けるべきだし、『理解出来る人だけ理解してくれればいい』みたいな考え方はダメ」っていうスタンス自体は変わらないのですが、以前は「話せばわかってくれる。わかってくれないのは僕の言葉が間違ってるか、足りないからだ」みたいな認識だったものを、最近は「頑張ってもダメなものはダメなのかもしれない」と思い始めております。悲しい事ではあるのだけど。

 

僕なりに一生懸命説明したつもりでも、やっぱりずーっと理解されなくて、全然関係ない事を呟いても引用ツイートでずっとバカにされるとか「PCデポの件で悪質クレーマーの肩を持って以来、あなたがずっと嫌いだ」って言われて、全然関係ない記事書いてもこれまたずーっと批判され続けてるとか、僕としてはそういう人達にも理解して頂けるなら理解して欲しいのだけど、一度「スイッチ」が入ったらもう何言ってもダメっていうパターンってあるんだなって最近思っております。僕Twitterとか基本的にブロックしない主義だったんですが、「もうダメだーーー」と思う人についてはついブロックしてしまいました。

私も同じようなスタンスで、うたプリに関して自分なりの言葉で自分なりの考えであれこれ考えて伝えてきたんですけど、引用リツイートや匿名掲示板、ブログのコメントで執拗にそういったことを伝え続けられてなお、続けるこのブログで思ったことを書くって、そういうことを書かなきゃいいのに、みたいな矛盾もあり、なんのためにブログやってんのかマジでわからなくなってきてしまったんですね。

ずっと、読んできてくれた人たちから、私の文章大好きだ、うたプリのことをもっと好きになれた、おかげでハマることができた、少なからず、何か、うたプリというものが面白くて楽しかったということは伝えられたんだってことは、たくさんいただいたリプやDMで伝わっているので、本当に本当に、そうしたコメントをしてくれた皆さん、読んでくれた皆さん、ありがとうございました、こんな言葉の汚いテンションのおかしい、よくわからないブログを読んでくれて、ありがとう。

私、結構変態なので、いいねしてくれてる人や、フォローしてくれる人は大体アイコンやプロフィールを見て、こんな人がいつも見てくれてるんだなって思ってます。フォローしてないので、全然見てないと思われているかもしれませんが、いいねしてくださってる人のことは覚えています。RTは追っかけるといいことばかりじゃなくて、「この人バカなんじゃねーの?」って言われてることが多いのであんまり見に行かないけど・・・ガハッハッハ!!! インターネットこわすぎるでしょ!!!!!

いいね、をつけてくれる人たちが数年で変わっていき、うたプリはもう追いかけてなかったり、フォローしてくれてたのにフォローが解除されて、気がついたらブロックされてたり、そういうのを見ると、何がいけなかったのかな、同じものが好きなのに悲しい、でも、同じものが好きだからこそ違ってしまうことが、うたプリって真面目に多いなーって、そう思ってしまう。

逆サイン会の件は、正直行きすぎたことをやったと思っていて、私の場合はあれがきっかけで色んな人の反感を買ったと思ってます、きてくださる、メッセージを書いてくれる方々があれだけいてくれたのが本当に嬉しくて、余計なことを書いてはいけないなと思ってたのですが、協力してくれる人たちを含めて、不快な思いをさせてしまったなとしきりに反省しています。 本当にごめんなさい。

そしてまた、7周年で色々な企画があって、またこうした機会があったことを嬉しく思うのと同時に、昨日の落選と、嶺二の誕生日で、寿嶺二さんがきっかけで色んなことが始まったと思っているし、あの日寿弁当を食べさせてくれた人たちがいたからこそ今こんなブログを書いてるんだと思うんだけれど、書こうと思うと、そういうことしか書けず、もっと楽しいことを書こう!! そうだ!! うたプリの、Repeat LOVEの音也ルートの感想を書こう!!! と思ってこつこつ書いたりしてたんですけど、その書いているタイミングで、寺島拓篤さん結婚したりで、アァン♡ なんかもう、ブログ書く気うせたぁ♡(きも)みたいな感じになってまた放置しちゃったりとか・・・。

DebutもVitaになってくれたら、ROTの話が読めるから、それも楽しみだったりするので、Debutの音也とトキヤルートにおける寿嶺二の素晴らしさとかまたブログにかけたらいいなー、と思うし、Twitterでは時々言ってたけど、二次創作の方で、自分の好きなうたプリを書いていったほうが、今は幸せなのかなと思っております。

好きなことを言葉で表現して、それに共感してくれる人がたくさんできたのは、うたプリというもの自体が本当に素敵で、素晴らしくて、それを大好きな人たちがたくさんいて、大切にしてくれるからであって、私自身に何か力があるわけではなく、すべてはうたプリがあってこそなのに、うたプリが好きだから言う、みたいに言い訳をしながら、本当はただ自分の思い通りにならない、理想にならないから気に食わない、みたいな意見だけになってきている自分は今はもうだめだと思う。

本当は死ぬほどサイン会にいきたくて、たった一言、ありがとうございました! といえたらとおもうので、まだ諦めないつもりではあるのだけど、それがどうなるかは、正直わからず30日の間に自分がどうするかは、わかってない感じです。

わかるためにも、まずは区切りをつけて、なんとなく消化できたらこのブログも終わりにしようと思います。

続けることが正解で、正義で、まず1番の目標だと思っていたのに、終わらせないと始まらないみたいな、そんな感じになっているのが不思議です。

続けたい、という気持ちがあるので、やっぱりまだ続けたいと思うのに、このまま続けてどうするんだ、劇場版を見て感想書きたい、これから先続くうたプリもみたい、まだまだ聞いてない曲が残ってる、プリライも、とおもうのにな、まあでもそんなかんじです、連絡先はとくに公開してないですが、おいてめーやり残したことあるぞという場合には一部メールでやり取りしたことがある場合にはそのメールでご連絡ください。

変わらないのは、うたプリのことは大好きということだけです。

嫌いになったのは、好きなのに変わっていった自分自身なのだと思います。