うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

今日は です

【ネタバレ注意】うたプリ マジLOVE レジェンドスター第7話感想「ありがとう、そして、ごめんなさい」

f:id:PrincessGorilla:20161125005149j:plain

今回は前回の6話と違って、いきなりオープニングではなくワンクッション入ります。

 

f:id:PrincessGorilla:20161125005120j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

そんなワンシーンで、2段ベッドの上にいる翔さんなんですけど、2段ベッドにふつーに肩もたれて話しかけてるなっちゃんでかくね!?

f:id:PrincessGorilla:20161125005121j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

と思ってたら、翔さんが「四ノ宮那月特集」なるページを読んでいたことに気づいてしまった・・・ところから始まります(わたしのただの感想やんけ)

f:id:PrincessGorilla:20161125005122j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

さらには、なっちゃんのプライベートな手帳まで見せていただけるいたれりつくせりなスタート! はーなっちゃんと翔ちゃんのやりとりは癒されるなぁ・・・。帝ナギほんとまじ頼むよ、と思いながら視聴開始でございます。

ナギ「宇宙一キュートな帝ナギが歌うんだから、皆がかわいいって絶賛する曲にしてよね」←自分で言ってしまうところがほんと草

那月「いいですね! かわいい曲って、とってもハッピーな気持ちになれます」←この返しは那月にしかできないからほんと草 

那月があまりにもすべてを総受け状態で話に応対するものだから、普段相手を刺激してはその反応を楽しむナギは面白くなさそうに吐き捨てるわけですけど、ここでナギは、皆が驚くようなことも取り入れたいよね〜と、今までのHE★VENSメンバーたちにしては、きちんとしたミーティングをこなしています。

ちなみに帝ナギさんはHE★VENSの中では最年少なわけですが、誰よりもちゃんと提案してるし、何より相手の那月のことをちゃんと調べてきてるんですよね。

例えば得意楽器を演奏するとか、という話でも那月の得意楽器が元々ヴァイオリン*1であることに触れて、那月の過去についても調べていたようで、那月の経歴に触れます。

そして今までHE★VENSって得意楽器あんの? という素朴な疑問が取沙汰きておりましたが、他回では皇綺羅がピアノを弾くくらいで、他メンバーの得意楽器に触れられてこなかったのに、帝ナギの得意楽器も「ヴィオラ」であることが発覚し、なんと那月とかぶっていることが発覚します。

てーか、こりゃHE★VENSの得意楽器はそれぞれおんなじということになるのか? ってことは鳳瑛一の得意楽器はギターだったりするのぉ・・・? ストローク奏でちゃうの? イイ・・・っていいながら?(話の脱線はやめろ)

そもそもなんで僕は、ヴァイオリンを辞めたんでしたっけ?

帝ナギは元々悪気があって聞いたわけでもないと思います。むしろ誰も今まで聞くことがなかった疑問、ということですよね。気軽な気持ちで聞いても、不思議ではない話題だったけれど。

f:id:PrincessGorilla:20161125005123j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

フラッシュバックされる思い出のいくつかが、那月の表情に陰を落とします。

しかし帝ナギさん、「弾きたくないから嘘ついてるんじゃない?」ってどうしてそういう発想にいたるんですかね、逆にすごすぎますよ、ソレに対して「違います」とすぐに反応する那月も、きっと本心から出た否定の言葉だからこそなお、「どうして僕はヴァイオリンを辞めてしまったのか」がわからない。

そして執拗に那月を追い詰めるような口調で詰るナギの言葉に、眼鏡を外す那月。え、外すの!?

そう、すでに今までのうたプリを拝見されている方はご存知かもしれませんが、眼鏡を外すと那月は砂月という別人格が生まれます。

f:id:PrincessGorilla:20161125005124j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

でも、今回のマジレジェ那月回を見てて思うのは、今まで不慮の事故で眼鏡が外れたり吹っ飛んだり、粉っごなに割れたり(可哀想・・・)してたのに、自主的に眼鏡を外してるんですよ。

当初の那月に関わる砂月の別人格の登場はすべて、眼鏡外すとあんなにほんわかしていた那月が豹変する、というだけのものだったのに、今回は自ら砂月が眼鏡を外して出て来ます。

マジレボでは砂月が一切出てこず、完全に沈黙していたので、どうしたのかなぁ・・・(音也とのクロスユニットで音也に甚大な被害を及ぼすかと思ってた)と思ってたのですが、この登場の仕方はちゃんと、四ノ宮砂月が、四ノ宮那月の中に生まれた理由に基いての登場シーンなんですよね。

今までの態度から「この話はおしまいだ」(ヤクザの親分かな?)とすべてを終わりにする砂月の迫力に逆らえない(相手が強気なときに見せる弱さは帝ナギの年相応っぽい態度でかわいい)様子でミーティングは終わってしまいます。

そして、帰り道に春歌ちゃんが「砂月さんですよね・・・」と確認をして、そもそもヴァイオリンにまつわる辛い過去の話に触れます。ここでの春歌ちゃんの反応で、やはりなぜ砂月が那月の中にいるのか、人格として生まれたのか、その理由は誰にも触れられていなかったのだなということがわかります。

f:id:PrincessGorilla:20161125005125j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

さらには砂月がセルフで「もう少し様子を見る」といった那月に戻る貴重なワンシーン。今までの砂月さんからするとかなりの落ち着いた様子です。すごい。本当は帝ナギのことをゴミはゴミ箱に捨てろって捨てるかと思ったレベルですので・・・。

今回の椅子取りゲームの敗者は

一ノ瀬トキヤでしたぁ〜〜〜〜(そういうゲームじゃねーから)

f:id:PrincessGorilla:20161125005126j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

それにしてもST☆RISHの皆さんはこうして全員集合していることが多いんですけど、何話しているの? 新曲の相談? 雑談? トキヤの椅子を没収しつつ雑談?(しつこい)

f:id:PrincessGorilla:20161125005127j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

打ち合わせの最中に砂月がDETA~!? ということで驚きのST☆RISHなわけですが、驚いた顔の聖川様かわいいですよね・・・。かわいいな・・・、

f:id:PrincessGorilla:20161125005128j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

あれ!? セシル、春歌ちゃんに席譲った・・・!?やさC~~~~~~!!!!!

っていうか何この頭上アングル・・・今度は天井に隠しカメラ仕込んであるの・・・マジレジェ、謎アングルからのカメラワーク多すぎじゃありませんか!?

f:id:PrincessGorilla:20161125005129j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

TL上でざわざわしてしまった股間に手が入り込みすぎてる聖川様の視線がどこに向いているのかが気になりつつも、「四ノ宮さんを守るために、砂月さんは出てきた」というらしく・・・と春歌ちゃんが状況説明をしてくれるものの、両方四ノ宮さんなんだよなぁというクソみたいなツッコミを心の中でしつつも、「守るために」という重要なポイントをちゃんと受け止めて、ST☆RISHに共有します。

「俺たち、何かしなくてもいいのかな?」と、変わらずトキヤに相談を持ちかける音也。彼はいつも、皆のことを心配しています。マジレボ5話でケンカしまくった3人を見かけたときも、スタートは心配した音也からでしたね・・・。

princessgorilla.hateblo.jp

 いつも、何かしてあげられることはないのかな? と考えている音也って、優しいなぁというか、自然にそういう気持ちになるんでしょうね。仲間意識が強い、というのか、なんというか。相談する相手いつもトキヤなんだけど。そしてトキヤは必ず「様子を見ましょう」・・・と見守るタイプなんですよね。執拗以上に入り込まないタイプなので・・・。

やっぱりうたプリは何かがあると湖を見に来てしまう・・・

とかいういつものツッコミは置いといて〜ってしながらも気になってしまう。

くしゅんっといきなりくしゃみをかますヒロイン七海春歌の肩に、自らの着ていたコートをかけてあげながら、自分が風邪を引くより、はるちゃんが風邪をひくことの方がかなしい、と那月は言います。

そして自分に言い聞かせるように、那月は「やっぱりかなしいって、そういうことですよね」と、かなしみの意味を確かめようとしています。

うーん、繊細で傷つきやすい那月を守るために、砂月は生まれたということに、「かなしむ自分を誰かが守ろうとしている」ということに、無自覚ながら気付きはじめているのかもしれません。

書き留めていた手帳を見返していたのは、記憶を失くしていた間のことが書かれていないか、確認したのか、もしくは何も書かれていないことに、記憶を失くしていた自分のことを再確認していたのか。

いづれにしろいつも笑顔が絶えない那月の表情が悩んで、曇って、「がんばらなきゃ」って思う、その心境の移り変わりに胸がきゅうってするシーンですよねぇ。

動画サイトで砂月の動画を探し出すナギ

ってすごくありません?

f:id:PrincessGorilla:20161125005131j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

やっぱりなんだかんだいって、ナギ、真面目なんだよな・・・何アレ・・・まるで別人・・・(ドン引き)してたのに、ちゃんとヒント掴んで、HAYATOのライブに乱入した砂月まで探し出してきちゃったよ・・・。

それにしてもデスクトップに展開されている「フォルダ」が何はいってんのかきになるなぁ、那月の秘蔵写真かな。

さらにもう一度、デュエットソングの打ち合わせがはじまりますが、得意楽器を得意そうに弾いて、見てみて〜ってはしゃぐ帝ナギですが、褒められはしないという・・・、うっうっ、このコもなんだかでっかい闇抱えてそうだな、見てみて〜なんていうセリフをいっちゃうアニメのキャラクターの過去は絶対なんかあるよ(バナナを片手に泣きながらナギのバックボーンを想像して勝手に泣き出すゴリラ)

HAYATOのライブに乱入したことについて、執拗にどういうことだったのかを聞き出そうとするナギの態度に、春歌ちゃんが珍しく強めな態度で割り込みます。

いつもあわあわしている様子だった春歌ちゃんがこんな風に割り込むのも珍しいです。

やっぱり、思い詰めた様子の那月に、そんな那月を守るために出てきたという砂月の態度から察することもあったのでしょう。

ア”あ”〜〜〜〜眼鏡ぇぇ〜!!!!

唐突にセルフサービスで落ちゆく眼鏡・・・。紳士的に眼鏡を外していた登場していた砂月が、怒りのあまりご登場です(割れなくてよかった・・・)

f:id:PrincessGorilla:20161125005132j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

ナギは察しがよいので、「那月(砂月)が自身のことを那月と呼ぶこと」についても、二重人格であるひとつの理由であることを見抜いて、指摘します。砂月は、那月自身が二重人格であることを悟られたくないんですね。自分という人格がいることを、那月が知ったら傷つくと考えているのか、それとも。

f:id:PrincessGorilla:20161125005133j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

予備動作なしでいきなり机を叩き割った四ノ宮砂月さんですが、これよく帝ナギ避けましたねぇ、よけれなかったら帝ナギが真っ二つでしょ、そっちの方がよっぽど大ニュースですわ・・・。

眼鏡をかけても戻らな〜〜い

眼鏡を持ったまま駆け出していった春歌さん、マスターコース寮まで戻ってきてしまったようです。那月はDOOONとデカイ音を立てて翔さんのいる部屋に戻ってきて、鞄に服を詰めて家出準備します。

追いかけてきた春歌ちゃんの眼鏡アタックが見事にきまって那月に戻るかとおもきや、戻らな〜〜〜〜〜〜い、眼鏡はただの切り替えスイッチなだけであって、深く傷付いてしまった那月は心の奥に自身をしまいこんでいる状態なのでしょう。

f:id:PrincessGorilla:20161125005134j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

トキヤからの冷静な「デュエットソングはどうするんですか」というマジ質問に、「やめる」「アイドルもやめる」「そもそも那月はアイドルに向いていない」と、傷つきやすい那月を配慮してのことだ、とあっさりと辞めるというセリフを口にしていく那月。

ソレを聞いていた翔は、砂月に向かって「那月はな、そんなに守られなきゃなんねーほど、弱いやつじゃねーんだよ!」、翔と那月は、ST☆RISH結成以前に、早乙女学園での同級生以前に、幼馴染です。小さい頃から那月を知っている翔だからこそ、説得力のある言葉であると同時に、砂月自身も那月が生み出した心の鏡です。

「自分自身(砂月)が知る自分(那月)」と、「自分自身(砂月)が知らない誰かがみた自分(那月)」という相反する姿を突きつけられた砂月は言葉に詰まったところで、ST☆RISHがここぞと畳み掛けます。

セシル「ナツキはどんな時でも前向きで、強い気持ちを持っています」

真斗「ああ、そんな四ノ宮の笑顔に、俺たちはいつも支えられているんだ」

レン「オレたちは仲間なんだよ」

音也「ST☆RISHは、7人揃ってこそST☆RISHなんだ!」

トキヤ「ですから、辞めるなんて軽々しく言わないでください!」

・・・ん!?

辞めるなんて軽々しく・・・えっ、あれ、3話でなんか「もし皆さんがここで立ち止まっているようなら、私はレイジング鳳の誘いに乗ります」とか軽々しくいっていた人がいたような・・・!?

princessgorilla.hateblo.jp

ST☆RISHの中に漂う「ん!? ん?! ん! ん!?!?? んん!? ン!? ん!」みたいな「ん?」に込められたお前が言うなみたいな空気演出クッソワロタのでやめてください!!!! 一ノ瀬さんはもっと自覚症状もってください!!! 

一歩も譲らないリッシュの迫力に押された砂月さん、「んはぁ」とため息をつきます。

なぜテレビ朝日っぽいのパクった

TV ashにこのマーク、なぜテレ朝意識してるの・・・東京MXは死んだの?(コラ)

f:id:PrincessGorilla:20161125005135j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

気になって東京MXとMBSの資本構成見たけどテレ朝の出資とかなかったけど、シャッキリとかいう日本放送のスッキリをパロったり一貫性のないパロを繰り広げているのでテレ朝パロったのはとくに意味のないことなのかもしれん。

f:id:PrincessGorilla:20161125005136j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

んあ〜!? 又この人達、1番くじの衣裳着てる・・・。マジレボのオープニングでも着てたけど・・・。

1番くじの衣裳に関するくだりは以下の記事を参照いただくとして。

princessgorilla.hateblo.jp

最後に、四ノ宮さんへの質問ということで全員に何か聞いていったのね。そして、聞かれた質問に、答える那月の背後に、、、ちょぁ、ん”?! 待って!?

f:id:PrincessGorilla:20161125005137j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

HA☆DA☆KAの男性が、テレビ局に入り込んでますよ?????

ほら〜!!! ちょっと皆!!! 気づいて!!!見て!!!

f:id:PrincessGorilla:20161125005138j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

ほら!!! HA☆DA☆KAの男性が!!!! 那月・・・ってつぶやいて!!!! テレビ局に!!!!!!!!

はい。

突然、テレビ局に写り込んでしまう裸の男性を、貴方は知っていますか?

私は知っています。それが、マジLOVEレジェンドスター第7話に登場する四ノ宮砂月さんです。

ここで那月がいい話をしているのに裸が目に焼き付いて・・・。

那月「笑顔って、色んな意味がありますよね。楽しい笑顔、嬉しい笑顔、悲しい笑顔、辛い笑顔。でも僕は、どんな笑顔も幸せにつながると信じてるんです」

(略)

那月「僕が笑うことで、幸せが生まれて、それがメンバーやファンの皆さんに届いて、どんどん笑顔が広がって、また他の誰かの幸せになるんです。それはとても心強くて、どんなことでも頑張れる勇気になります。僕は、そんな勇気をもって、これからも歌いたいです。これからも、ずっと」

f:id:PrincessGorilla:20161125005139j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

これは、四ノ宮那月の「アイドル」としての姿勢なんですよね。HE★VENS のナギを通して、那月を守るための砂月がまた起きて、そして、砂月はまた、那月の「アイドル」を続けたい、どうしていきたいかという心の気持ちを知った。

ところで、なっぢゃぁーーーーんってファンの声入るんですけど、これまじプリライでもなっぢゃああああああああんって叫ぶ人がいるのでここリアルでしたね、はい

砂月の知らない強い那月を見るときの砂月は

やはりHADAKA・・・

f:id:PrincessGorilla:20161125005140j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

むき出しの心のままでいる砂月はHADAKAなのだろうか・・・

ふと、春歌ちゃんの「四ノ宮さんの方が風邪ひいちゃいますよ!!!!!」とかいうセリフを思い出して、裸の砂月にこのセリフを投げかけてあげたい、とか思いながら、「ファンに笑顔を返したい」と、ヴァイオリンに触れて思い出しそうになる「辛い過去」を乗り越えようとする那月を見つめます。

おいだからここマジで日本なの?

f:id:PrincessGorilla:20161125005141j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

ほんと牛が放牧されててもおかしくないくらいの、なっちゃんの実家なのでは疑惑すらある謎のスケールがあふれるうたの☆プリンスさまっ♪に草を禁じ得ない・・・。

HE★VENS初期メンバー帝ナギさん、鳳瑛二さんに若干シメられる

鳳瑛二さんの株価が急上昇しています・・・困りました。ソロ曲が好みなのもありますが、こういうシオン回とか、ナギ回とか、要所要所にワンポイントで出てくるセリフが気遣いにあふれてて最高なんですけど、どうしたらいいの? 日向大和も鳳瑛二の言うこと聞きなさい(突然)

f:id:PrincessGorilla:20161125005142j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

ていうかお前も四ノ宮那月徹底特集読んでたんかい! ここにつながる伏線なんぞ!

まともに打ち合わせもできないんだよぉ〜ってその前のHE★VENS3名もまともに打ち合わせできてなかったけどな!(腹パン、クローゼット隠居、作曲家口説きの三本立て)

瑛二「ちゃんと相手のこと考えて、一緒にやれてる?」

ナギ「できてるよ! ぼくはちゃんと、やってるもん!」

鳳瑛二がまともすぎてまともに顔が見れない・・・後光さしている・・・なぜあの兄からこの弟が・・・? でも兄もシオン回ではまともすぎてHE★VENSがおかしい・・・(まともであることがおかしいという狂った感想)

プロ意識の高い帝ナギさん

今までのHE★VENSメンバーとは違い(鳳瑛二のぞく)、デュエットソングプロジェクトの重要性に重きを置いているナギの発言。

「中途半端にやられるのはムカつくの」、ナギって自己中心的な考え方をするのかな、と思いきや、ちゃんと「デュエットソング」として、考えてるつーか、これ、鳳瑛二に言われて思い直したでしょ・・・。

「ぼく、ヴァイオリンを弾きます」と四ノ宮那月は覚悟をキメたけれど、もう1人はどうなの? とちゃんと砂月の意思を確認するナギ。

「だから、ちゃんと決めて!」

あ〜〜〜っとちょっとまった〜!!!!

刺激したから裸砂月が体育座りしているよおお〜!!!?

f:id:PrincessGorilla:20161125005143j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

今まで上半身だけだったのに、ついにフル裸体がでてきてしまった・・・。もう頭に言葉が入ってこない・・・破壊力高い・・・。しかも微妙に3秒くらい浮遊してるのじわるから

場面変わって野生の美風藍が飛び出してきた

カルナイのツアーはどうした?(素朴な疑問)

f:id:PrincessGorilla:20161125005144j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

庭からすすーって出てくるのが自然てきな発生すぎて、味わいがあります。

そして砂月としてその場にいるその人に「ナツキ」と声をかけて0.1秒で「キミは誰?」と一瞬で見抜きます。すげぇ。二重人格なるものを分析できるのか? と正直訝しんでしまいましたが、「キミはナツキの味方?」「当たり前だ」という会話の後に見せる藍ちゃんの珍しい笑顔に、びっくりした同時に、ほろっときてしまいました。

f:id:PrincessGorilla:20161125005145j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

美風藍さんが笑顔になるシーンって、ほとんど見たことないです。というか、マジレボの藍回ですらほぼなかったんじゃないかなぁ・・・。それが後輩である那月のことを心配して草むらから飛び出して微笑んでしまうくらい、那月の中にある砂月の存在が、那月のことを支えてくれる人だと知って、表情の変化が生まれたってことですよね。

藍も、一緒に成長してるんですよね。やっぱり、カルナイも一緒に成長する物語なんですよ・・・。マジレボからのマジレジェは、とくに・・・。

もうたぶん春歌ちゃん風邪引いてるよ・・・

とかいう、クソマジレスしたところですが、このシーンも大切なシーンです。

このくしゃみは後の春歌ちゃんの体調異変につながる何かの伏線かな(多分違う)

f:id:PrincessGorilla:20161125005146j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

っていうかさぁ、7話の那月回は、ぜんぶがぜんぶ、砂月と那月が鏡のように現れて、お互いを知っていくためのひとつひとつの要点なんですよね。那月がジャケットを貸すのも、砂月がジャケットを貸すのも、那月が誰かの悲しみに寄り添うのも、砂月が那月の悲しみに寄り添うのも、どれも、一緒なんですよね。

f:id:PrincessGorilla:20161125005147j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

少し引いて、月と一緒に春歌ちゃんと砂月が収まるアングルに変わります。月まっぶし・・・、と思ったけど、月は四ノ宮那月を象徴するものです。

砂月「那月の作った曲を、ヴァイオリンの教師が盗作した。那月は信頼していた相手に裏切られて、心に深いキズを負った。でも、あいつは変わったんだ。自分から変わろうっていう強い想いで、辛い過去を受け入れようと。・・・那月はもう、守られるだけの、弱い存在じゃない。

それなのに那月はダメだって決めつけていたのは、俺だ。那月はST☆RISHを支えたいと思っている。ST☆RISHも、那月を支えてくれる。・・・そして、おまえも。おまえも那月を支えている。

・・・ありがとう」

心に深い傷を追った主な原因は砂月が語ったことが主な理由です。

それ以前にも那月はその天性の才能があったからこそ、周りが理解しづらいという、「生き辛さ」を抱えた状態で、それを理解してくれる相手として心を寄せていたのが、ヴァイオリンの先生でした。

だからこそ、信頼を寄せていた相手から「裏切られた」と、「ヴァイオリン」自体に悲しみを覚え、弾かなくなってしまうくらい、そして自身が忌避する理由すらも忘れてしまうくらいに心を閉ざしてしまった理由はそこにあります。

詳しくは頼むからゲームをやってくれ、Repeat LOVEがでるのでよろしく。

www.utapri.com

ん? もしかして原作に触れていくスタイルなのはRepeat LOVEがでるから・・・? いやまさか・・・?

砂月はたんたんと語っていますが、事実としてそれをただ語るのは、那月がどれだけ傷ついたかというのを思い出させないため、あえて淡々とした口調で語っているようにも思えます(もしくは尺の都合←この解釈で台無し)

そんな真面目な話をしてたらさ〜、どういうことなのこれ

f:id:PrincessGorilla:20161125005148j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

まさかの月に吸い込まれていく砂月・・・。

f:id:PrincessGorilla:20161125005149j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

やはりうたプリは、見つめる先になぜかいつも湖があります・・・。謎い・・・。

これから先、辛いことや悲しいことがあっても、仲間たちと乗り越えられる。那月は砂月を優しいんですね、と形容しつつ、いつものやわらかい笑顔を見せます。

那月回のテーマはやっぱり、笑顔なのかな。だから藍ちゃんも笑ったのかもしれないですね。

「ありがとう、そして、ごめんなさい」。

悲しみを乗り越えた先で、砂月という人格は眠りにつくかもしれません。でも結局、那月と砂月は一緒です。砂月という人格も、那月という人格も、2人は一緒です。だから、別れではなく、眠りにつく。そして2人は四ノ宮那月として、また新しい道を歩き出します。

そしてようやくデュエットソングがでーきた

いつの間にか作曲してくれていた七海春歌さんのおかげで今回も無事、デュエット完成でございます(毎度すげーな)

f:id:PrincessGorilla:20161125005150j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

このジョーカーのカード、帝ナギと四ノ宮那月かとおもいきや、那月と砂月なんですね、とてもいい絵柄だ・・・。

ていうか楽器を弾くって収録の段階から弾くのね・・・そして映し出されるシーンがどうみてもハロウィンなのはなぜなのか・・・

f:id:PrincessGorilla:20161125005151j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

かわいいナギさんとかわいい那月さんによる演出なのでハロウィンすら可愛く見える、のだけど、砂月の座る玉座まで、ナギと那月の2人で探しに来るっていうのが、うん、そうだね、ナギって言葉は乱暴だけど、悲しみの奥底に沈む本当の那月を揺り動かすためには、何かきっかけが必要だったとしたなら、必要悪ではないけれど、ST☆RISHの力とは違う、ライバルとしての、きっかけのパワーが必要だったのかもしれないなーと思いました。

f:id:PrincessGorilla:20161125005152j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

この最後の那月の笑顔がすごくよくって。悲しみの象徴で、触れたくない記憶だったヴァイオリンを、笑顔で弾いてる那月の表情がとてもすごくいい。

なんちゅーか、那月回は那月のことを、砂月のことを、好きな人たちが作ったのかなあって、最初は大丈夫かな・・・と思ってたけど、そう最後は考えることのできる、まとまりのある回でした。

マジ4話はなんでああなったの?(まだ言ってる)

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター7話 エンドカード

f:id:PrincessGorilla:20161125005153j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター7話より引用
©UTA☆PRI-LS PROJECT

那月「届きましたか? ぼくたちの歌!」

ナギ「サイコーだったでしょ!」

那月ナギ「うたプリ!」

*1:ここはものすごく那月の話に触れる上で繊細な部分なのでぜひゲームやってもらいたいなぁ