読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

逆サイン会、無事開催終了のお知らせ(そしてまだまだつづく)

うたプリ 逆サイン会

当日はたくさんの方々に足を運んでいただき、ありがとうございました!

無事に、主目的を果たすことができました〜!!!

princessgorilla.hateblo.jp

いただいたメッセージ枚数は大小それぞれあわせて78枚になりました。(実際には1枚に複数人での寄せ書きもあるため、メッセージ枚数=人数ではなくそれ以上になりますっ!)

こんなにたくさんの方が、伝えたい気持ちがあったんだと思うと、感極まる想いでした。

次はこのメッセージをきちんと1つの本というカタチに変えて、倉花千夏カメラマンにお贈りすることこそが逆サイン会の最終目標です。

まずはこのような会に、恐れをなさず、勇気をもってご参加いただけた皆様に心より感謝を申し上げると共に、倉花カメラマンに再度、感謝したいと思います。

わたしたちはきっと、倉花カメラマンが撮影してくださったプリンスたちの姿がなければ、あの場にいなかったと思います。

あんな風に、あの場所で、笑顔で、大好きなものを共有できる空間にいることができなかったと思います。

人生という長いようにみえて、星から見れば一瞬のまたたきのように見えてしまう私たちの一生の中で、これだけ深く思い出を焼き付けていく、プリンスたちを撮影し続けてくれている倉花先生。

そしてPrithm最後に寄せた、プリンスたちからのメッセージ。

あの倉花先生への感謝をこめたプリンスたちからのメッセージを読んだことが、逆サイン会をやろうと決めた1番の動機でした。

本当は自分1人で倉花先生にお手紙は書こうと決めていて、当選してないのにお手紙だけはPrithmを読んだあとにせっせっと書いていました。(そして落選し永遠に渡す機会がなくなった←笑った←最初笑ったけど涙でてきた←本当に布団にくるまって泣いた)

その手紙を郵送するべきか、と悩んでるときに本当は雑誌「ポポロ」に掲載されていたシャニフェスのプリンスたちの近況についてお話するはずだったツーショットチャットで、ついつい、「Prithm読みました?」「ちーちゃんせんせぇ・・・」「わたしもちーちゃんせんせぇにありがとうが言いたいです」「ただしありがとうをお伝えする権利がないので、いっそのこと逆サイン会するしかないですよこれは」「逆とは?(何を言っているんだ?)」からはじまった私の戯れ言に最後まで付き合ってくださったフォロワー様。

できればもっともっと素敵なデザインにしたいと思い、自分の力ではどうにも出来ないと思ったところでこのようなお願いばかりを、お願いした倍以上に返してくださったフォロワー様。

このお二方の協力がなければ、あの逆サイン会を迎えることができませんでした。そしていまだにご協力をいただいており、これから本をつくるあたってもご協力いただこうとおもっています(ゴリラからの無茶振りは続く)

さらには、このサイン会開催にあたって、たくさんの方々から、「自分にできることがあれば」とたくさんお申し出をいただきました! 参加していただけることが最大のご協力ではあったのですが、やっぱり様々なご都合で参加が難しいという方や、また遠方からで直接参加が難しい、というお話もたくさん頂いておりますので、先日お伝えいたしました通り、現在は遠方参加に関する準備を行っていますので今暫くお待ちいただけますと幸いです。

あの場所にいた人たちは、Prithmがなければ会うこともなかった人たちで、うたプリがなければ交わることのなかった時間を交わることができたのだと思います。

あの「奇跡」に満ちた時間をプレゼントしてくれたすべての方々に「ありがとう」を重ねてお伝えさせていただきたいです。

当日の様子について

当日はたくさんのくまプリも集まり、ご自身で持ち寄っていただいたくまプリと一緒に撮影したり、どうやってお洋服を作るかだったり、衣装製作にまつわるエピソードやうたプリに関するお話がたくさん賑やかに聞こえてきてすごく楽しい会となっていて、すっごく胸が熱くなる会場でした・・・!

f:id:PrincessGorilla:20160823002102p:plain

当日はたくさんのくまプリがお出迎え。皆さんがご自分のくまプリをご持参いただけたので、さらに並べに並べてたまにくまの大渋滞を起こしていたり、ものすごく面白いことになってました。空を飛んでいる3名が大人気でした(冷房直撃でそよそよと揺れていてリアル)※そして左のパイフロブランケットのどこかにセガールがいます

f:id:PrincessGorilla:20160823002201j:plain

逆サインのメッセージ本のページは、各キャラクターのイメージとなるものがモチーフにデザインされています。(得意楽器、食べ物、飲み物、プロミスフラワーなどなど)

ここではトキヤ、真斗、那月、音也の4人のみが映っておりますが(ご好意によりコースターを自由にお取りすることができるようになっておりました)、こちらのデザインに皆さんのメッセージが載ります。

f:id:PrincessGorilla:20160823002511j:plain

甘味好きの伯爵のコーナーには大量の塩飴がお供え(お供えっていうな)

そして、当日会場でたくさん声をかけていただいた皆様、本当にありがとうございました。自分はネット弁慶の引きこもりゴリラ(ただしアニメイトへは足繁く通う模様)なので、皆様とお会いしお話できたことで、本当、よかったなと、この2年か3年間にこのブログを書いててよかったな、と思いました。

お手紙まで頂いてしまって、やっぱり、手紙は、よいな、文字ってよいな、って思いました。何か辛いことがあったら、きっとわたしはきっと皆さんからかけていただいた言葉のひとつひとつを、いただいた手紙を読み返しては力をもらっていけると思います

そしてたくさんの差し入れ、ありがとうございました。お菓子大好きゴリラですので、一つ一つ泣きながらむさぼり食べております・・・。(手伝っていただいたスタッフさんとわけあいっこしながら食べました!! 奪い合いのケンカはしてませんのでご安心ください!!)

時々、わたしという人間?ゴリラ?についてお話させていただくことがあるので、繰り返しとなってしまいますが、わたしはイベントにいっては、楽しかった〜とのたまいつつ、「在庫切れで自分がキレる」というキレ芸を起こしたり、ゲームやアニメの感想にツッコミをいれるのが大好き人間です。

私はこのブログやTwitterで、皆さんにいいかっこしいがしたくて、自分の醜い部分はなるたけ見せないよう、キレイ事ばかりを書いている節があります。(見せないようにしているくせに言葉は汚くてキレイ事にすらなっていないときもある)

人に言えないこともたくさんあります。言う必要がないことは言わなくてもいいと思ってる部分もあります。私という人間のオモテウラ、うたプリ以外に向ける人間性なども同時に当てたら、なんて不誠実で、アホで、見ていてイライラする人間なんだろうとおもうと思います。

それでも、そんな私のブログを読んで、「もっとうたプリが好きになった」「ブログを読んでうたプリのゲームやってみたいとおもった」「怖かったけどうたプリのイベントいってみたいって思うようになった」とたくさん声をかけていただくことができました。

そんなありがたいお言葉をかけていただくたびに「こんなクズを;;;」「こんなゴリラを;;;」「申し訳ない・・・申し訳ない・・・」と自分に誠実ではない分、身を削られる思いです。

でもその一方で、「自分のブログがきっかけでうたプリをもっと好きになってくれたってこんなことって本当にあってよいのか・・・嬉しくて、仕方がない・・・」と胸に刻まれる思いです。

そしてわたしのそんな後ろめたい気持ちを、本当はふざけるなと思いながら応援してくれている家族にもこの場を借りてお礼とお詫びします。

おそらく絶対にこのブログには気づいていると思います。お〜い!!? 読んでるか〜!?(手を振る)

読んでるか、読まないようにしているかは定かではありませんが、Twitter検索されたり、Twitter開いて放置してたりするので、多分気づいているんだと思います。いつもごめんなさい。このブログを続けられるのも、うたプリにこれだけ力をいれられるのも、家族のみんなの協力があってこそです。こんな自分を許してくれて、本当にありがとう。(もしかしたら許してないのかもしれない・・・)

さらに、このブログを書くきっかけを作ってくれたみんなとはもう暫くうたプリと離れてお話しておりませんが、ちょっとだけ最初の頃に戻りたい・・・と思うときがあります。(みんなで缶バッジ探しにいってたあの頃とか、DCCカード開封実況とか・・・、シャニストフリー入場に毎日夜に駈け込んだりとか、プリライチケットがないのに準備にしにいったりとか・・・)、あのとき「今日の出来事ひどいからブログ書いて」とオススメしてくれたこと、「プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて」というタイトルをこのブログにつけてくれたこと、うたプリにハマるきっかけをくれたこと、すべてに感謝します。本当の本当にありがとう。

そして、プリンセスゴリラというシャイニング事務所所属アイドルを応援する奇怪なファンを含めてうたプリを楽しんでもらっているということでわかり(?)、皆様を沼へ沈めるきっかけになっていることに申し訳ない気持ちと同時に「一緒に手を繋いでこのまま沈みましょう(合掌)」という気持ちでもいます。

「当選」と「落選」

当日は、当選はがきというとんだ茶番をご用意してお配りしたのですが、お受け取りになられる方々のほとんどが「これが欲しかった・・・」「これは!!!!」「やったーー当選したぁぁ!!」と手にとっていただいて喜んでいただける姿を見るのと同時に、やっぱりみんな抽選に苦しんでるんだな、としみじみと胸の中で感じました。

www.instagram.com

理想論でいえば、応援しているファン皆さんにその場を用意できることこそが1番だなんてかっこいいことを考えてしまいますが、会場の都合や、抽選ではなく逆に先着順にすることでまた発生する不平等さなども出てきてしまいます。(そもそも商業イベントとして行われているものですので、まずは利益がでなければお話にならない訳で)

うたプリが6年間歩んできた道の中で、様々な折り合いをつけながらグッズを受注生産にしてくれたり、イベントを抽選にすることで余計な混乱や周囲への迷惑を防いだり、心安らかにしてくれているんだと思う反面、抽選があることで当選と落選の2つに分かれてしまう明暗には、人気コンテンツである以上受け入れるしかないのだということは理解を深めていくしかありません。好きで応援したいのに、応援しに行けない。ファンにとってフラストレーションが溜まる出来事だと思います。

今回のprithmに関する本来のサイン会に関して誤解を招きたくはないのですが、落選したぞクソがー!みたいな圧力で暴れ回っている人間がいると、せっかくサイン会に当選したのに「そういう人たちのこと考えなければいけないのかな」とか「なんか申し訳ない」なんて気持ちになってしまって、せっかくサイン会にいけるのに、心から楽しめなかったという気持ちにさせてしまっているような事もあるかと思い、この点に関してこういった気持ちになっている方がいたとしたら、今後も私たちはこういうジャンルにいる限り、抽選人生だと思いますので、同じファンなのに「当選」と「落選」に二分化されてしまったとしても、当選したのだとしたら、当選したということだけを考えて、自分が楽しんできて欲しいと思います。

落選したという悲しみを抑えることはできないので、暴れ回るしかできないように、当選したという気持ちのほうが正直抑えることはできませんので踊り狂って行って欲しいです。当選した喜びに心震えてほしいです。本当にサイン会に行きたかったという人であれば、こんなことお伝えする意味もないと思います。

自分としてはブーメランな発言にもなると思いますが、自分が大好きなものに当選したら、もうそのことしか考えられずに、それ以外に配慮するような発言ができない人間だからこそです。*1

行きたかった、大好きなものであれば、本当によかった!!!と思えばそれでよいのです! 本当に行きたかったという人が行けることが1番です。

そして落選したクソがー! という人間はその気持ちをどうにか消化できる方法を、今回みたいに考えていきましょう。もやもやする気持ちはふっ飛ばしてイェイェハッピーできる方法を考えた方が精神衛生的にも絶対にいいと、逆サイン会で皆さんの笑顔をみていて本当にそう思いました。

シャニフェスの直筆サインで暴れソーセージゴリラになっていた時も感じたのですが、今回は友人が直筆サインをあてて、フォロワーさんが4人くらい直筆サインを当てたとき、「うぉ!!!!! まじか!!! 直筆サイン存在する!!!! きゃーーー!!」と正直いって嬉しかったのです、みんながどれだけうたプリのことを好きかしっている分、スゴク嬉しかったので。

それと同時に、なんで自分だけ当たらねーんだよ!?(という素直な気持ち)もわいて、何が、何が足りないの? 信心? 信仰度? 恋愛度? マジで運ってなに、どこで売ってんの? いくらで買えばいいの? 運とは・・・抽選とは・・・直筆サインとは・・・ あっ、もしかして、わたしどこかで、プリンスたちとの選択肢間違えたー!? わたしだけBAD ENDじゃねーかクソ、みたいなうつ発症もしましたし、もう隠すつもりもない脳内駄々漏れゴリラなのでお見苦しいことばかりだと思います。(本当に情緒不安定)

 大切にしてね☆といった本人が真っ先に売り飛ばされる闇

ただ、行くつもりはなかったのに応募したとか、たまたま応募してみたら当たったという発言は今回のように本気で応援していて落選し発狂している人間にとってはさらに発狂する材料なので、思ったとしても口にだす必要はないと思いますので心に留めて置いていただけるとありがたいな〜とは思います。(もしくはその当選した運だけよこしな)←突然の脅し

身分証も、当選はがきも、いらない世界。わたしたちに抽選は必要ない。(ていうか落選してるのにまた落選したら笑うわ)

逆サイン会は、そういった裏目的もあったりして、在庫切れは起こさないつもりで準備数は来場者予想数の倍以上の分を用意しました。(塩飴シールに関しては一部キャラが十分用意できておらずお渡しできずに申し訳ありませんでした・・・反省・・・)

若干公式イベントと誤認識させてしまうような展示になってしまったことについては、少々自分も行き過ぎた感があったと反省をしている点ではあります。

ただ、準備をしていくにあたって、今回ご協力いただきましたフォロワー様にはお話はしているのですが、会場をきめるにあたって「都内でアクセスのいい場所であれば自分の自宅でやりたい」「まさかの自宅解放」ってつぶやいたとおり、これは自分の家に皆さんを招いてホームパーティよ!!! みたいな気持ちで開催したようなかんじです。

私の自宅はうたプリミュージアムと家族から名付けられている通り、うぉやべえこれなんすか? ってうたプリを知らない人でも楽しめる作りになっています。

うたプリは6年間も続いているコンテンツなので、昔の知らないグッズがあったりすると、あーこういうのもあったんだなーと見る機会がなかったものも手にとれたりして楽しかったりします。

今回会場に飾ってあったのはすべてスタッフたちの家にあったものなので、皆さんを家に招いて、みんなでメッセージを書いたようなものではという気分でありました。実に、実にアットホームガハハ! ぜひボイスキューブ楽しいのでみんな買っていってね!シャニストの店舗限定なので!(唐突にボイスキューブの話)

逆サイン会は、まだまだ終わりましぇん!

むしろまだ始まったばかりです! 集まったメッセージを大切にお預かりして、本にいたします!そして上述したとおり、遠方参加に関する告知も準備しておりますので暫くお待ちください。

当日はたくさんの方にご協力いただきましてありがとうございました。

シャニフェスが21日の最終日であることまったく意識せずに休みにあわせて開催してたのでびっくりしました(本当に偶然です)

シャニフェスやシャニストの感想もブログにあげねばならぬとおもいつつ時間がとれず申し訳ありません。

今後も「プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて」が「ブロッコリー畑でプリンセスゴリラを燃やして」などにならぬよう、引き続きよろしくお願いいたします☆

*1:私のことをフォローしてたりブログ読んでいたりする方は重々承知だとおもいますが

©BROCCOLI,UTA☆PRI PROJECT(うた☆プリ制作委員会1,2,3,4期)
*当ブログに関する詳細な免責事項は「このブログについて」をはじめにお読みください。
*当ブログは記事の一部に「ブロッコリーオフィシャルサイト」の画像を利用しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
*当ブログに掲載している画像、動画、引用文等の著作権は権利所有者各位に帰属いたします。
*感想・批評を目的としたものであり権利ならびに名誉侵害を目的としたものではございません。
*掲載にあたり問題がありましたらお手数ですが権利者様よりご連絡下さい。