うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

【ネタバレ注意】うたプリ マジLOVEレボリューションズ第9話感想「君に嘘はつけないな(嘘)」

f:id:PrincessGorilla:20150604004211j:plain

Twitterでもブログでも書いてはいるので、そう私がとくにブログでAll StarとAfter Secretで寿嶺二の感想を書いていることからご存知だとは思うのですが、私はうたの☆プリンスさまっ♪では寿嶺二を推しています。順番をつけるわけではないですがハマった順番でいえば、寿嶺二、一十木音也、来栖翔、でハマったので一番寿嶺二のグッズが多いですし言及も多いのです。

 

だからこのマジレボでも寿嶺二回と題される第9話への期待が半端なかったんです・・・ 

スターリッシュでの推しは音也と翔ですが、音也も那月と力を合わせてすっごく頑張ってかっこよかったですし、翔のCode:T.V.U回は感想で書いた通り、ある意味大事故を引き起こした回ではありましたが、ものすごく楽しむことができました。
個人的にはもうCode:T.V.Uのあっちむいてホイはマジで伝説のカットだから。さすがうたプリ。

ん?
寿嶺二の話・・・? する? しちゃう?

とりあえずまずはストーリーをおさらいさせていただきまして最後に何が私の中で消化しきれなかったのかを長々と書きたいと思います。
今回の嶺二回に対して同じような消化しきれない気持ちを持たなかった方には不要なものですし、同じ消化不良でも感じてるところは別だと感じる方もいるかもしれません。
それを踏まえて、最後の戯言は各自判断の上、読み進めてください。

ゴリラたちの絶叫パーティの中心で「よろしくマッチョッチョ」と叫ぶ

マジレボの流れとして、最初の導入部分があるわけですが、今回は春歌ちゃんとトモちゃんがお出かけしているところで何やらショーウィンドウらしき場所に人だかりができているのを見つけ、足を止めます。

f:id:PrincessGorilla:20150601225147j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

あれ、引いてみると多いんだかすくないんだか一瞬わかんないぞ!?

とかいうマジレスはやめておいて、動物園みたいに覗かれる先にはそう、今回の主役である寿嶺二の姿が!

f:id:PrincessGorilla:20150601225257j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ラジオの公開生放送なのでしょうか、向けられているマイクに緑色のハートマークが書いてあってなんか可愛いです・・・。

ちなみにこのシーン、おそらく嶺二は春歌ちゃんがこの場にいることを確認してます。視線が明らかに春歌ちゃんの方を向いています。なのでそれを踏まえてからの

f:id:PrincessGorilla:20150601225437j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

さて、そんなわけで今日もよろしくマッチョッチョッ!

開始1分でよろしくマッチョッチョをキメる寿嶺二さすがでございます・・・。この投げキッスは明らかに春歌ちゃん意識してるから・・・サービス満点・・・。

個人的には、アイドルとして活動しているトモちゃんが変装してるシーン見れたの可愛かったなあ・・・て思います。

f:id:PrincessGorilla:20150601225650j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

トモちゃんの曲を書く春歌ちゃんを見たい気もする・・・

この番組は一体なんだ

f:id:PrincessGorilla:20150601230126j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

場面が代わり、不思議な衣裳に包まれる寿嶺二。うん!!!!!!! 悪くない!!!!!マスカレイドミラージュみたいな衣裳似合う!!!! 嶺二はシルクハットとか、かっちりした服装がほんとうによく似合う!!!! 蝶ネクタイも似合う!!すごくいいです・・・

準備はできたかい?という声かけでカメラが移動していって映し出されるのはこの三名。三名?

f:id:PrincessGorilla:20150601230232j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ちょっと待って真ん中だれ

 ROT組に新しいキャラクター混じりこんでるけど一体誰なんでしょう・・・?トランプマンかな?

動揺を隠せぬまま見ていると、

f:id:PrincessGorilla:20150601230349j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

トキヤがキメポーズしてくれます。いや〜トキヤも似合うね。シャイニングサーカスを思い出すね・・・シャイニングサーカスの話でもよかったような気がするね・・・ああぁ、またこの話の現実から逃げ出そうとしてしまっている・・・。いやいや、本当マジレボは色んな衣裳が見れてぼくちん幸せだよぉ・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150601230506j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

一方こちらは音也。どうやらマジックを披露するようなのですが、不穏な空気の中、いつもの笑顔でどうにかこうにかごまかそうとしてます・・・でもこれ本当素だから!!!!笑ってしまうのは音也の素なんです・・・はああかわいい

この慌てて動揺しているときのごまかす音也のセリフがはちゃめちゃ可愛いので是非聞き逃しなきよう・・・。

どうやら番組の流れとして音也がここで手品を披露するようだったのですが、いかんせんごまかし音也になっているのでうまくいきません。これが蘭丸やカミュ、藍だったら、ブチ切れていたことでしょう。

嶺二がこの場におらず、トキヤ1人だけだったとしても、音也は現場で叱られていたかもしれません。でもこの場を仕切る嶺二は慌てる音也を見てふっと笑ってからカメラを独占します。

f:id:PrincessGorilla:20150601230736j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

さあさあ先生。よろしくマッチョッチョっ

よろしくマッチョッチョの大セールです。

でも同じよろしくマッチョッチョでも全部イントネーションが違くて、バリエーションがあっていいと思います・・・このよろしくマッチョッチョはすごく優しく聞こえました・・・後輩を気遣う嶺二なりの優しさ感じます・・・

先生とのことなので、どうやらこのトランプマンは手品の先生のようです! 嶺二の助け舟で音也への注目が去り、先生が手品を披露することで話題が見事切り替わります。

手品の先生がシルクハットから出したのは、なんとニワトリ。そこにすかさず嶺二が「出てくるのはひよこって聞いてたんだけど・・・」とワンクッションいれます。ふんふんとトランプマン先生の話を耳打ちで聞く嶺二。まさかの先生は通訳必須だった。

f:id:PrincessGorilla:20150601231449j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

おとやんとトッキーが時間かけすぎて、大きくなっちゃったんだってさぁ!

大きくなっちゃった、はマギー審司の大きくなっちゃったをかけてるんですよねっ!ねっ!!!!!!?

落ち込んで0秒で立ち直る音やん

流れをうまく運べず、手品にも失敗してしまいトキヤから楽屋でお説教をされる音也・・・。それを結果的に盛り上がったわけだし、とフォローする嶺二。

f:id:PrincessGorilla:20150601232125j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二のフォローも入ってか、音也は落ち込みからすぐに手品の種明かしを嶺二に聞きます。切り替え早っ!!! そして手品のタネ聞いちゃうのか音也よっ!!!

しかし嶺二には「ナイショ」と隠されてしまいますが「えー! ケチ―教えてよ~!」と先輩に対する態度とは思えない態度で食い下がります。。。ここがROTのいいとこなんですよね〜・・・あまり先輩後輩っていう関係を意識させない、3人でしゃべくりしててソレを見てて面白いって感じる。

ナンデスカソレ(殺意)

f:id:PrincessGorilla:20150601232514j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

手品の練習に楽な道などなし。練習を積み重ねるべき、というトキヤのアドバイスに音也は頑張るぞ〜と気合をいれたところでトキヤも、「ええ、頑張りましょう」と前向きな様子。その後輩たちの意気込みに混ざる楽しそうな寿嶺二(26)。

嶺二「ホイホイ〜 ぼくもガンバルンバ♪」

トキヤ「ナンデスカソレ」

嶺二「がんばるポーズだよんっ!!!」

音也「れいちゃんは何でも出来てスゴイよね〜」

音也は「なんでも出来てスゴイよね〜」って言うセリフのタイミング明らかに間違えてると思うw

音也の素ってことはわかるんだけれど、これ捉え方によっては完全に嶺二のことバカにしてることになっちゃうから 

しかしそれすらも大人の貫禄でかわす嶺二。そして呆れ顔のトキヤ。

嶺二「ねえねえトッキー!」

トキヤ「静かにしてください」

嶺二「ねえ〜!!」

トキヤ「怒ってませんよ」

嶺二「うそでしょ〜お それ〜」

執拗にトキヤに絡みにいくSTYLEの嶺二・・・カルナイの皆は絡む前に「うるせえ」「黙れ」「静かにして」と封じられてしまうので、少しでも話を聞いてくれる後輩たちに絡むのが楽しくて仕方のない様子。とくにノリが悪いトキヤはからかいがあるのかついついしつこくして・・・ たらノック音が。

最近は滅多に会ってはいなかったのか、音也とトキヤが訪れてきた春歌ちゃんに「あれ? 七海」と物珍しそうに声をかけます。クロスユニットでの仕事が終わってからは、一緒の仕事に関わってなかったのかもしれないですね。

f:id:PrincessGorilla:20150601233638j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「ぼくに会いにきてくれたんだよお」

春歌「そうなんですっ」

超嬉しそうな表情の嶺二と春歌ちゃん・・・。「ぼくに会いにきてくれた」という言い方が、また、この人はどうしてそんな言い方をするのかな!?

f:id:PrincessGorilla:20150601233923j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

えっ

f:id:PrincessGorilla:20150601233936j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

!?

「ぼくに会いにきてくれた」というセリフに衝撃を受ける音也&トキヤ・・・。

春歌「今度の曲の打ち合わせにきたんです」

 ちゃんと真実を述べる春歌ちゃん偉い。真実というかまあこれが本当に理由なので・・・曲作り、という仕事を連想させる内容で音也があからさまにほっとした顔をします。

f:id:PrincessGorilla:20150601234143j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

音也「この番組のエンディング曲、次はれいちゃんのソロ曲になるんだもんねえ」

だから全然プライベートじゃない!!!!!!よかった!!!

という表情がありありとわかってわかりやすい音也の心情を表したワンシーン・・・。1話でRPG方式でそれぞれの想いをぶつけようとしたときのことを、9話目にして思い出しました。そうです、音也をはじめとしたスターリッシュは(以下略)

ついに地上波デビューの寿弁当

どうやらロケ弁タイムだったこともあったようで、嶺二はそのまま春歌ちゃんに一緒に「寿弁当を食べて行きなよ」と誘います。3つ用意された寿弁当を見て、あれ、その1つは一ノ瀬さんのものではないのですか?と質問する春歌ちゃん。

f:id:PrincessGorilla:20150601234605j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

私はこれで十分です(by一ノ瀬トキヤ)

めっちゃ野菜だらけのお弁当、お箸箱つきなのでトキヤ自ら作ったのかな・・・このお弁当・・・。めっちゃ野菜じゃん。。。サラバダサラダバーじゃん・・・。

でもってこのお弁当箱結構高さがあるから結構な量のお野菜はいってるとおもう・・・多分、これ真斗から言われたらトキヤ全然違う反応とるから絶対。

ROTの場合

トキヤ「私はこれで十分です」

聖川さんから言われた場合(予想)

真斗「一ノ瀬・・・食事はバランス良くとらねばいかんぞ・・・」

トキヤ「そうですよね!!!! 聖川さんが仰る通りです!!!」

 絶対これくらいの差があるから これは前回の話を見てたら断言できる

f:id:PrincessGorilla:20150601235056j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

トキヤがサラバダサラダバーをしているため、その分の寿弁当が春歌ちゃんの手の中に。どうやら今回中身は唐揚げ弁当だった模様。大当たりだ〜と音也がはしゃぎまくってます。ちなみに音也くんは大食漢。アホみたいに食べます。食べ盛りです。

f:id:PrincessGorilla:20150601235211j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

くっそ トキヤの弁当だけめっちゃ緑じゃん 森のオアシスみたいじゃん

f:id:PrincessGorilla:20150601235604j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二の寿弁当だけやたらでかく見えたけどきっと気のせいだわ

f:id:PrincessGorilla:20150601235641j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

草食動物と化している後輩を心配する寿先輩はまたも執拗にトキヤに絡みます。一口食べる? ねーねー? ねー?

ちなみに寿弁当がなんであるかについてはまったくの説明はありませんでしたっ!やっぱりマジレボはすでにうたプリがなんであるかを知ってる人を前提とした作りだな〜って思います。実際見てる人はそうなんだろうけれど、寿弁当は嶺二の実家が作ってるお弁当です念のため。

でも、れいちゃんの実家で作ってるんだよね〜くらいはゆうてもよかったんじゃないっ? ここでもう期待してたフラグ折れたしご実家については触れるつもりあんまりないのかなって思いました。

車という密室に軽やかに誘い軽率に乗る七海春歌ァ

私このツッコミどこかでしたな・・・ン〜〜〜〜〜情熱のデジャヴキス・・・・

ん〜!?!? これかな!!? この時に同じこと言った気がするな・・・?

f:id:PrincessGorilla:20150602000248j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「ぼくの車で途中まで送るよ」

春歌「よろしいんですか?」

こんなやりとりを聞いて、またもやはっとなる音也・・・。うん・・・そうだよね、わかるよ、女の子が男の車の助手席になんて乗った日にはさぁ・・・それが好きな女の子だったら尚更だよ・・・っていうかこのトキヤがものすごく音也のこと観察してる・・・。

2000%でも、(春歌と)同じ寮、同じ屋根の下で過ごせるんだぁ〜♡って浮かれまくってた音也に「恋愛禁止でしょう」と注意したトキヤなので、音也が何を考えているのかわかって、でも実際自分も胸がチクリ、としたせいなのか指摘できずにいるのかなーって思います。

音也の焦りの描写が本当に多い・・・。ていうか音也って鈍感のように見えてこういう事に関しては敏感というか、繊細というか・・・気にしてしまうタイプなんだね。

f:id:PrincessGorilla:20150602000540j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

車に乗って途中で打ち合わせしよっと誘ってあっさりホイホイ釣れた後輩ちゃん。嬉しくていやっほ~~~いとジャンプしてしまう寿嶺二(26)。こういうところは本質的に音也と変わらないと思うんだけどwww

あ・・・後ろにいる音也の顔死ん㌦

音也;;;;;;;気を確かに;;;;;

打ち合わせという名のドライブデートになっております

f:id:PrincessGorilla:20150602001113j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

寿嶺二カー見参!!! ビートルです!!! カブトムシみたいなフォルムが可愛いんだよね、と可愛さあまって買ってしまったというクラシックカーなんですがCGです。

ぬるぬる動いちゃいます。どうでもいい情報ですが、名探偵コナンの阿笠博士が乗ってる車もビートルです。本当どうでもいい情報だった。

f:id:PrincessGorilla:20150602001311j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

鼻歌混じりに運転する嶺二なんですが、表情が真顔なんですぅ・・・運転する男の横顔っていいよね・・・って思ってたら思いっきりよそ見してきた 大丈夫嶺二?

可愛い車ですね、と褒められた後でちゃーんとお仕事の話をする嶺二。

嶺二「で、曲なんだけど、どうする?」

春歌「寿先輩には何かイメージありますか?」

嶺二「そうだなぁ〜・・・ ああ、そうだ後輩ちゃんは普段どんな感じで作ってるの?」

春歌「私は歌ってくれる人のことを知って、歌ってくれる人のことを考えながら曲を作ってます」

嶺二「・・・歌ってくれる人のことを、知る?」

 確かにカミュ回はおもいっきり相手のことを知ろうとした回でしたね・・・、んー・・・本当、この春歌ちゃんの曲作りの仕方って、相手の気持ちの隙間に入り込んでいくような手法だから、「自分をイメージして」「自分のために」「こんな風に思ってくれてるんだ」って考えると恋に落ちるのもわからんでもないなーって改めて思いました。恋ってきっと相手をよく知ろうと思って始まることもあるだろうから。知ろうとして気づいたら落ちてる。

春歌「面倒見がよくて、誰にでも優しくて・・・アイドルとしてキラキラ輝いていて・・・」

嶺二「他には?」

春歌「えと・・・」

わざわざ自分のことを無理矢理聞き出そうとする嶺二は本当に罪深い。相手に好きって言わせようとしているようなもんだぞ! ・・・自分の気持ちはおくびも出さないくせに、相手が自分をどう思ってるのか気になるなんて・・・アイドルとしてもそういう意識でやってるんだろうなぁ・・・ズルすぎるからね。。。

f:id:PrincessGorilla:20150602002205j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ん!? お守りみたいに揺れているのはまさか 例のアレではございませんかね!?

f:id:PrincessGorilla:20150602003222j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ぎゃ〜!!!!!!!!!! すーぱーれいじくん人形ォォォォ!!!!

こちらはれいじをイメージした人形なんですが、この車についているのはちょっと小さめのストラップタイプのようです、・・・ストラップバージョンがあるなんて聞いてないよぉ・・・!!!ぜひ商品化を希望します!!!!!

 れいじくん人形に興奮している合間にも、嶺二と春歌ちゃんの距離はなんだか縮まってるような気がします。

f:id:PrincessGorilla:20150602003423j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

女の子の手のシーンを写すのって、そのコの心情を描いてるような感じがしますよね・・・指先を手持ち無沙汰に動かしているのは緊張と一生懸命言葉を選んでるからなのかな、って感じます。

f:id:PrincessGorilla:20150602003538j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

西日が強くなり、車内の温度が色んな意味であがったのか、もし暑かったら三角窓をあけていいからね、とアドバイスします。しかし普通の車では三角窓なんていうかわいいところはないので、「?」と春歌ちゃんが悩んでいると、嶺二が手を伸ばして窓を開けてくれるわけなんですがこの距離感何が起きた?????? そして何食わぬ顔の嶺二なんだ・・・・? 大人の貫禄か!!!!?

f:id:PrincessGorilla:20150602003704j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ゴオオオおおおおおおおおおおお(風ぇぇぇ)

入り込んでくる風、結構スピード出してるでしょ嶺二

f:id:PrincessGorilla:20150602003726j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

お願い前を見て運転しよ? ね?

すごく見覚えあるような場所にやってきた

ここってASASでキスぶちかました橋のとこですか? 

f:id:PrincessGorilla:20150602004009j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

え、じゃあキスぶちかますの?って身構えてたらもちろんそんなことはなかった。ガハハ。

こんな風にのんびりするのもいいなぁ・・・と伸びをしてお仕事の打ち合わせを強制的に息抜きタイムにした寿嶺二(26)・・・。

春歌ちゃんも「いつもお忙しいですから」ってなんかもうお付き合い開始したみたいな流れになっとるんだけど・・・色々フィルターやらバイアスかかってんのかしら・・・目が・・・

f:id:PrincessGorilla:20150602004127j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

忙しいのは昔から気にならない性質だし、いつ辞めてもいいって思ってたから

さらっと地雷埋め込むのやめてもらっていいですかね;;;;;;

 いつもあんなに前向きに明るくワッショイワッショイしてるのに急に辞める話っておいおいおい いつやめてもいいって、投げやりな仕事してるみたいじゃないですか嶺二ぃ・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150602004521j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「・・・後輩ちゃん・・・?」

春歌「だめですっ! 辞めるなんて絶対ダメですっ! 皆、寿先輩を必要として・・・」

f:id:PrincessGorilla:20150602004620j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

f:id:PrincessGorilla:20150602004631j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「大丈夫だよ。今はそんなこと思ってないから」

すでに闇を抜けだした後だった寿嶺二 

アッ。。。アレッ・・・・まさかの(自己解決しました)とはこれは一体春歌ちゃんどうしたらええのん!?

でも春歌ちゃんの押せ押せ!に狼狽する嶺二の表情はすごくいいなー自分がいつも押してるくせに押されちゃうとうろたえちゃう嶺二。

ここで私がいつも気に入っているあの曲が流れるわけなんですが、たぶんこの曲は1番盛り上がるポイントで流れるようになってるんだろうなあ・・・だから今回のお話にとってはここが1番のキーポイントなのかな、と思うのですが

嶺二「ぼくはね、芸歴結構長いんだ。子役でデビューして、ソロでアイドルやって。舞台も映画も、ドラマも出て。いいときもあったし、そうでもない時もあって。何か色々やってたらグループで活動することになっちゃったんだよねえ」

カルナイ結成までの自分が歩んできた道をかいつまんで説明する嶺二。カルナイの結成って、それぞれ一応流れはあるけれど、初顔合わせの話とかどんだけ荒れたんだろうって気になるから是非聞いてみたいなって思いますよね。・・・っと話それた、そしてカルナイの話から、スターリッシュの話へ。

今までの話で嶺二はいつも後輩たちのことを気にかけていました。詳しくアドバイスをするでもなく、ただ見つめるだけのことが多かったですが、「期待」と「希望」を彼らを通してみていた。アイドルにあこがれて、アイドルになりたかった寿嶺二は、もちろんアイドルとしてユニットを組むということには何か憧れもあったかもしれません。

蘭丸、カミュ、藍が果たしてどうして嶺二が望むようなアイドルユニットとして一緒に活動してくれていたかどうかは別として・・・スターリッシュに刺激を受けたことを嶺二は語ります。

嶺二「スターリッシュって仲良いだけじゃなくて、まとまってるじゃん? ぼくはね、彼らに出会って、彼らを見ているうちに、仲間で歌うのも楽しいなって思えたんだ」

えっ待って今までみんなで歌うの楽しくなかったの?

ぁ・・・「楽しい」って感じるまでいってなかったのかもしれないよね・・・いや、あれだけ罵倒されてたら楽しくないこともあるよね、ウン・・・ウン・・・嶺二もグループとして、アイドルの仕事として完璧にこなそうとするQUARTET NIGHTはすごいとおもっても、アイドルとして全員が「楽しめているか」を考えたときに、そうじゃないって、思ってたのかもしれないね・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150602005947j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「でもモチロン、今度のソロ曲も頑張るからね」

 あっ、出た、マジレボで頻発するラスボス嶺二フェイスだ・・・(命名しました)

f:id:PrincessGorilla:20150602010059j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

春歌「はいっ! 歌うことが好きなんですよね! あと皆の笑顔が、好きなんだなぁって、思いますっ!」

ここって、きっと普段の寿嶺二のことを春歌ちゃんが、しっかり見てたのかなぁって思います。

色々と話の都合上、割愛されてるけれど今まで藍、カミュ、蘭丸、と曲を作ってきたときにカルナイとして活動する嶺二の姿も見てきたはず。

そしてこの3人の先輩のときにも、わりとフォローアップを嶺二はしてるんですよね。蘭丸回とか。でもこういう見えないところをもうちょっと描き出さないと春歌ちゃんが突然エスパーになってるみたいに感じますから・・・

f:id:PrincessGorilla:20150602010605j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

んあ

f:id:PrincessGorilla:20150602010621j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

f:id:PrincessGorilla:20150602010632j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

近いね!? 興奮して迫っちゃったね?

f:id:PrincessGorilla:20150602010712j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

春歌「すっすみません・・・私、夢中になっちゃって・・・」

なんかこう・・・最初のトキヤにちょっかい出しまくりの嶺二だったら、笑ってごまかしたり、さらにからかったりしそうなのに、このときの寿嶺二は、からかったりしないんですよ・・・。

純粋に驚いてるんですよ・・・

嶺二は自分の曲をまだ作ってもらったことはこの時点でないけれど、他のクロスユニットの曲や他のカルナイ3人の曲、全員分をここまで聞いてきているんですね。

だからこの、七海春歌っていうコがどういう風に曲を作ってきたのか知りたかったし、こんな風にお互いの距離を見失いながら曲を作ってきたのかなって、そういうのを知って、本当にびっくりしてるのかなーって考えたりもしてしまいました。

じゃあみんながとびっきり笑顔になれるような曲を頼んじゃおうかなあ

ここって、春歌ちゃんのイメージの寿嶺二に応えようとしてるんだよね〜 本当は違うでしょ・・・この1秒前の表情をもう1回見てみて。・・・とびっきり笑顔になるような曲。歌いたそうな顔してるかな? 違う気持ち、芽生えたりしてません?

f:id:PrincessGorilla:20150602011333j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

歌は任せといて。後輩ちゃんの曲をだれよりもずっとうまく、歌って見せるから

だれよりもずっとうまくだれよりもずっとうまくだれよりもずっとうまく・・・だれよりも・・・突然のライバル視やめてくだすぁ〜〜〜いっ!!!!!

本日のスターリッシュ全員集合

定期的に集まってお話しているスターリッシュって本当仲良いよねえ・・・(うらやましそうな寿嶺二)・・・そうだった嶺二は2話でもスターリッシュに完全に混ざりこんでたんだもんね・・・こんな風に楽しく馬鹿がやれるお友達が嶺二は欲しいのかな(涙)

f:id:PrincessGorilla:20150602012112j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

練習中の手品を披露する音也。レンがお父さんみたいにまた見守ってる〜〜〜〜あ〜〜〜〜スターリッシュのお父さんァ〜〜〜〜〜!!翔さんのベレー帽ッ!!!(唐突)

しかしやっぱり不器用なのかうまくいかない音也の手品。カード落とすわまっちょちょっちょちょ・・・という謎の呪文のせいなのかしりませんが、そもそもどんな手品なのかさっぱりわからないままFINしてしまいます・・・。

ていうかセシルが「カードが1枚落ちましたが、大丈夫なんですか?」って聞いてるのにスルーして手品続ける音也www

f:id:PrincessGorilla:20150602012323j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

カードを見失うのはよくないのではないか 

f:id:PrincessGorilla:20150602012416j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

よくないだろうねぇ

f:id:PrincessGorilla:20150602012501j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

 むしろダメだろっ! 

f:id:PrincessGorilla:20150602012530j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

あぁっ! もしかしたらこの後大逆転があるのかもしれませんよ?

カードで大逆転・・・ん〜〜〜〜〜アッ革命(レボリューション)のことかな?(真顔)

音也の手品は上手くいかず、失敗したことで落ち込む音也・・・。落ち込む音也を元気づけようとする翔も、レンから鋭いツッコミを受けて沈むことに・・・。れいちゃんはうまくやってたのになぁ・・・とどうしても嶺二のことが頭から離れない音也。ライバル心ここにあらわるわけですが、これって知らず知らず手品のことだけじゃなく春歌ちゃんのことも含めて無意識に嶺二のことを意識しはじめていったりしてませんかね、音也。嶺二ができることができないんじゃあ、春歌ちゃんに振り向いてもらえないとかなんとかんとか・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150602013311j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

 困った人ですね・・・あの人は

困った(本当にいろんな意味で)人ですね・・・あの人は・・・本当、トキヤもいろいろなことを含めてついぼやいちゃったんでしょうね・・・

今何時だと思ってるんです(←トキヤの心の声)

こうして音也がマジックに失敗して悲しい状態になっているときに扉が開き、春歌ちゃんが帰ってきました。「おかえりなさい、ハルカ」とちゃんと出迎えてあげるセシルがなんか「帰ってきた」というかんじがしていいなあ、ッて思います。

f:id:PrincessGorilla:20150602013654j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

トキヤ「・・・今、帰られたんですか・・・?」

春歌「? はい」

音也「・・・今までずっと?」

もう・・・なんでしょうね、音也とトキヤの気持ちをだな〜〜〜こう差し込んでくるのはなぜなのかな〜? カミュ回は本当の下僕扱いだったのでセシルが動揺しまくるのもわかりますし・・・藍回は春歌、翔、那月で力合わせる回だったし、蘭丸回は黒崎さんのベースがない回だったし、今回の話のような心理描写ってほとんどなかっただけに、エッ!? ここで!? って動揺する自分がいます・・・。音也とトキヤがおもいっきり七海春歌のことを意識してるのを思い出してそんな話だったなって思いだしてますっ!!!

f:id:PrincessGorilla:20150602014750j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ア”ーーー―「むぅ〜」って膨れ顔してる音也めっちゃ可愛い!!!!!可愛いから上で言ったことはもうチャラにしようそうしよう!!!!!!無理だけど

で、ここでトキヤにズームアップされてカードをめくるとジョーカーなわけで「食えない人だ・・・」ってトキヤが言うんですけどちょっとよくわかんないですぅ・・・嶺二が教えてくれた手品だとしたら含みがあるのかもしれないけれど、ちょっと、よくわかなかったです・・・頭が追いつかないです・・・自分たちより一歩先、一歩先に積極的にアッピールする嶺二に対する揶揄なのかな?

こんな時間にこんなところでJR横須賀線が上下線で運転再開するなんてね

f:id:PrincessGorilla:20150602015429j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

さすが寿嶺二 期待を裏切らない運転再開っぶり

このシーンはぼっちで作曲する春歌ちゃんのところにうたプリの世界ではよく起きる奇遇ですねぇ偶然ですねぇパターンで出会ってしまうあれなのですが嶺二に限って偶然とか絶対ないから・・・絶対窓から春歌ちゃん見つけて寄ってきたと思ってるから・・・

そして、音也が出来ずに苦しんでる手品を軽々と春歌ちゃんの前でまた披露するっていう、音也がこの現場見たら発狂しそうな行為を行う寿嶺二まさに鬼畜・・・

手品で女の子の気を引くのってなんか合コンでイケイケしてる男みたいじゃんっ・・・嶺二そんなので女の子の気をひかないでぇえ〜〜〜〜もっと歌やダンスやアイドルらしいところで春歌ちゃんを魅了じでぐれ(心の叫び)

・・・そしてなぜか隣で一緒に仕事を始める寿先輩なんぞとおもったら、春歌ちゃんが常に「寿先輩はお忙しい」という言葉を口にしているのが気になったからなのか、1人で黙々と曲を書いてる春歌ちゃんを気遣ってなのか、単にモーションかけたいだけなのか、これ全部のような気がするけれど、「だから、曲の相談ならいつでもOKだからね」といってくれます。こういう気遣いや優しさは嶺二らしいし、いいなぁと思います・・・。

本日も寿嶺二はカルナイのサンドバッグになります

f:id:PrincessGorilla:20150602020941j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

おお、ようやくジャケットの衣裳がでてきました!

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング 寿嶺二

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング 寿嶺二

 

なんかのお仕事に旅出されてしまう寿嶺二さんのようですが、海外ロケって何をやるんでしょうねえ・・・。ライブなのかな? それにしても最初から衣裳着て出発するのじわじわくるんですけども・・・

嶺二「ぼくがいないと寂しいかもしれないけど、仲良くしててよね」

f:id:PrincessGorilla:20150602021227j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

藍「寂しい? 何言ってるの?」

カミュ「黙れ愚民

蘭丸「さっさと行け」

嶺二「ほ、本当は寂しいんだよねっ?」

f:id:PrincessGorilla:20150602021502j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

カミュ「しっしっ」

ついに追い払われるようになった寿嶺二おめでとう!!!!

f:id:PrincessGorilla:20150602021626j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ちべたい・・・

しかしそんなノリをカルナイ3人にもとめても無駄ってわかってなお繰り返しつづける嶺二のこのノリは、嶺二なりのコミュニケーションの取り方なんだろうなぁて思います。嶺二に対して普段バラバラなカルナイがこうやって結束高まってるのってやっぱり面白いし、カルナイの潤滑油にきっと嶺二はなれてるよ!!! よかったね嶺二!!(涙)

傷心のまま出発する嶺二を待ち伏せていたのはなんと春歌ちゃん。

f:id:PrincessGorilla:20150602021947j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

一緒にいく〜? と軽口を叩きますが完全に無視されます。

言っときますが春歌ちゃんは曲のことになると恋愛とかそういうのは二の次なのです。よって嶺二の言ってることも全然聞こえてません。

もう出来たの?と驚く嶺二・・・確かにこう・・・今までは曲を生み出すまでの背景が春歌ちゃんにはありました。1人で考え、ピアノを前にしてイントロを弾く・・・今回は春歌ちゃんの曲づくりてきなところは見れないんだなぁ〜・・・ちょっと残念。曲については実際の本番を聞くまでまさかのノーヒントでした。

最初の方で嶺二のイメージを嶺二自身が聞き出す、見たいな感じで聞いちゃいましたからね〜・・・なんかちょっと寂しいな。もっと春歌ちゃんには踏み込んで欲しかったな。

f:id:PrincessGorilla:20150602022047j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

今回の春歌ちゃんはよく笑うなぁ〜。嶺二がよく笑ってくれるからかもしれないね。

逆に春歌ちゃんと二人きりのときはわりと真剣な表情の嶺二も多かった気がするなぁ・・・嶺二が笑えば笑うほどに皆が笑顔になっていって、まさに笑顔の魔法、ことぶきれいじ!っていう感じがします。

f:id:PrincessGorilla:20150603003935j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二いなくても笑って アア―ッ

こうして嶺二は海外ロケへ旅立っていったのであった

嶺二がどんな仕事で海外に旅立っていったのかは謎なのですが

f:id:PrincessGorilla:20150603004012j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

飛行機の中でもしっかりと春歌ちゃんから預かった曲をポータブルCDプレイヤーなんつー時代を感じさせるアイテム(でも2000%でもセシルが使ってたよっ!)で聞きながら作詞をしているようです。でもこの作詞ノートが回覧板に見えてヤバイ///

f:id:PrincessGorilla:20150603004444j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

一方こちら取り残されたカルナイ3名。嶺二がいないと「・・・」「・・・」「・・・」ってどんだけ無口なの!? 喋らなさすぎじゃないですか!?

この藍ちゃんとカミュが見つめ合ってるのなんかいいですね・・・やっぱり、嶺二はカルナイの会話の糸口になってるんだなあってしみじみ感じます。

f:id:PrincessGorilla:20150603004712j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

・・・静かだね

 騒がしい年中お祭り開催中みたいな寿嶺二が1人いないだけでQUARTET NIGHTの雰囲気はここまで変わってしまいます。

でも嶺二がいなければいないで、3人共個別行動が得意そうなんだから、それぞれ別行動でもしてるのかなあ、と思ったんですが1つの部屋に集ってお昼寝したり、本読んだり、・・・というのはちょっと嶺二のいない寂しさを感じていたりするから、ではないのですかね・・・?

とかいうことを、嶺二本人がまた言っちゃうから「うるせえ」「黙れ」「静かにして」っていうコンボ食らっちゃうんだろうけどw

嶺二の留守を預かる一十木音也と一ノ瀬トキヤのふたり

f:id:PrincessGorilla:20150603005033j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二を中心に回っている番組であるからこそ、嶺二が抜けてなお番組をまとめなければいけない音也とトキヤの責任は重大です。

音也「大丈夫っ! 今日は俺に任せといて!」

観客「ええええ”ーーーーーーー!!!!」

トキヤ「大丈夫ですか」

音也「なんだよ、トキヤまで・・・」

観客「ガハハハハハハ」←じわる 

f:id:PrincessGorilla:20150603005336j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ひえーーーー アーーーーーマイク両手持ち音也が現れたぞ~ーーー!!!ああアア―両手もちとはーーーーーああーーー※本編とはまるで関係ありません

コップや物を両手で持つコは甘えんぼうなんだって聞いたことがある。

今回も今までの流れと同様、先生にマジックを習っていく、という流れのようですが唐突にそれは始まります。

f:id:PrincessGorilla:20150603005816j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

スーパーぶりっこアイドルモード寿嶺二見参

ここの嶺二のセリフ、ぜーんぶが嶺二っぽくて最高に嶺二でしたねw やっぱりテレビに出てる嶺二って、アイドルらしさが際立っているというか嶺二らしさがより際立つというか・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150603010045j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

マジックの先生もどうして手広げてんの?wwww

嶺二はロケにきているところをアピールしながら1人寂しくマジックの練習してるんだよ〜っといとも簡単にマジックを披露します。しかしマジックがまだうまくいかない音也とトキヤにとっては軽々とマジックを成功させてしまう嶺二にどんどん焦りを募らせていきます。

それでもこうして嶺二のシーンが入ったことによって音也とトキヤも、ちょっとほっとしたでしょうし、観客のムードも和んだと思います。遠くにいってもなお、後輩たちを気遣っている嶺二らしさを感じますね〜・・・

そして最後は、

サラバだサラダバー!!!

をキメて嶺二の出演はおしまいです。ちなみに。サラバだサラダバーは、ASASのカミュルートに出てくるセリフなのですが嶺二の「よろしくマッチョッチョっ」に続く新しい挨拶として浸透させようと嶺二が必死の様子なので皆もどんどん使っていってあげましょう! 死語?! なんの話かな?!使いはじめたばかりなのにもう死語認定とか嶺二がかわいそすぎるから!!!!

持っていかれすぎな一ノ瀬トキヤ

収録が終わり、一息つきながらだらだらした返事で楽屋のノックに応える音也。

f:id:PrincessGorilla:20150603011022j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ノックの相手が先輩や大御所やったらどないするねんこの態度w しかし音也らしい表情である・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150603011058j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ノックして入ってきた相手が七海春歌だと知るとガバッと起き上がり「どうしたの?」と聞いちゃう音也わかりやすすぎるし、こんな七海さんの足を通してトキヤと音也の表情を伺うだなんてなんてけしからんアングルなんですかこれは。

今日の収録で流れを持って行かれてしまったことに対し、またもや落ち込む音也とトキヤ。

トキヤ「しっかり持っていかれてしまいましたね」

持っていかれるっていう表現がじわじわくるので是非覚えておいてください。

それでも急に考えを切り替えて練習しようっ!はいっ!と気合をいれていく音也とトキヤはやる気に満ちてるなぁ。

なんか通過した

f:id:PrincessGorilla:20150603011455j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

3人で帰ることにしたのかテレビ局からの道をトキヤと音也、そして春歌が歩いていきます。変装とかなしで。普通の通行人みたいにアイドルが歩いてるのちょっとじわるよ・・・

そんな大丈夫?な光景をさらに、え、?大丈夫?な車が横切っていって・・・止まります。

f:id:PrincessGorilla:20150603011640j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

春歌「寿先輩!」

音也「れいちゃぁん!?」

トキヤ「寿すぁん!?」

 海外ロケにいっており、中継で映っていたはずの寿嶺二がなぜか今ここに・・・どうしてもう戻ってきているのかがわからない音也はどうして・・・と疑問を伝えると、

実はすべては音也とトキヤの行動を見越して作られた事前撮りのVTRであったことがわかります。音也とトキヤがどんな反応をするか、どんなことをするか、を予想のもとで作った、本当は中継でもなんでもない映像だったのです。

f:id:PrincessGorilla:20150603011932j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

だい せい こう (フフンっ)

この寿嶺二最高に寿嶺二っぽくてどや顔っぽくて好きです;;作画乱れまくった9話だったけれど、アップの嶺二はちゃんと綺麗に描かれていたので本当に救われました・・・表情もすごく嶺二っぽい動きしていて、好きです・・・。

本当今回の感想嶺二と音也への私情が混ざりこんでててひどいレビューになってるな、自分の担当回になるとこんなに取り乱すんだって初めて知りました・・・。

さて、話を戻しまして・・・、ここからまた大変なことが起きます。

f:id:PrincessGorilla:20150603225855j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

だからも〜〜〜;;; 距離がやたら近いんですよねこの2人〜〜〜〜春歌ちゃんが無意識なのがまたな〜〜〜〜〜

嶺二「さて。君はこっちね」(助手席ご案内)

春歌「へ」

嶺二「曲、聞かせてもらったよ」

春歌「! どうでしたか?」

嶺二「・・・乗って」

f:id:PrincessGorilla:20150603230121j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

f:id:PrincessGorilla:20150603230135j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

無理矢理春歌ちゃんを助手席に押し込むんだけど、めちゃめちゃボディタッチしてます寿嶺二これはいけない

f:id:PrincessGorilla:20150603230236j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

えぇっちょっ

f:id:PrincessGorilla:20150603230303j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

んなっ

f:id:PrincessGorilla:20150603230411j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

音也「・・・どういうこと・・・?」

トキヤ「・・・またしても。持って行かれたようですね・・・」(物理的な意味で)

本当9話は1話で完全に死んだうたプリの乙女ゲー要素を急に持ってきてどうしようとしてるんですかね・・・? 七海春歌自身に惹かれている、というのは前作2000%からきてマジレボ1話でもそんな雰囲気があったのに、クロスユニットからのトリプルS出場にこぎつけるためなのか、急に恋心とか忘れちゃったりなんかして、放り捨てられていた設定だったのに急に9話で思い出すっていう。

ちなみにですが私自身は、音也とトキヤが七海春歌を意識しているということが色濃くわかったので、逆においしい、と思いましたすみません・・・。

嫉妬も、気にかけるってことも、それは好きだからってことですから。嶺二自身の気持ちがはっきりしないままで春歌ちゃんにちょっかいかけてるのちょーっち気になるとこですが〜・・・。どうなの嶺二。そこんとこどうなのよ。

え、まってどこ走ってる?

f:id:PrincessGorilla:20150603230933j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

うまいこと春歌ちゃんを助手席に押し込んで拉致に成功した寿嶺二カーはなんだかものすごい場所を走行してます。なんだココww

マリオカートのレインボロードかよ、みたいなところを突っ走っていく嶺二。

f:id:PrincessGorilla:20150603231126j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ココに至るまでずっと無言だったんでしょうか。最初に車で拉致ったときの饒舌な嶺二とは違い、春歌ちゃんから「・・・曲、どうでした?」と尋ねられてもすぐに答えようとせずちゃんと真っ直ぐ前を見て車を運転する嶺二。

f:id:PrincessGorilla:20150603231314j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「歌詞、・・・出来たよ」

嶺二「君は相手のことを知って、曲を書くっていったよね」

春歌「ふぇ?」

f:id:PrincessGorilla:20150603231436j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

君にウソは、つけないな

この嶺二、最高にかっこいいんですけど、色々穿った見方をしてしまうのです。許してください。

嶺二は春歌ちゃんの曲を聞いて、「ウソはつけない」という感想を述べました。

単純にこれを裏返してしまえば、嶺二は「ウソをついていた」ことになります。春歌ちゃんが作った曲は「誰もが笑顔になるような曲」をイメージしたと思ってます。

嶺二自身もそういうお願いをしたはずなのです。

春歌ちゃんの曲を聞き、自分の隠された本当の気持ちを描き出された、と感じたのか。単純にこういう歌が歌いたいと願っていたところで、春歌ちゃんが自分のイメージにピッタリな曲を素直に書いてきたところに感心したのか。

この寿嶺二のついていたウソが一体なんなのかわからないんです。

観覧車の近くまで乗り付けた寿嶺二、2人で車を降りてから言います。

f:id:PrincessGorilla:20150603234226j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

伝えたいんだ、今から。

聞いてくれるよね。・・・マイガール 

f:id:PrincessGorilla:20150603233947j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

そして始まる、寿嶺二のソロ曲「NEVER...」。NEVER...の歌詞と合わせていくと、ようやく「ウソ」の意味がちょっとわかるような気もします。

大人のたてまえ背負っていないと

どうにも立ち回れない

季節を何度も重ね続けると

自分の心に嘘をつけなくなる

生まれた時間なんて何も関係ない

沢山の「初めて」を魅せよう

もう、これは嶺二から春歌ちゃんへのバリバリなラブソングなわけですが、アニメを軸にストーリーを考えると1話というあまりにも短い時間で春歌ちゃんに心奪われまくってるから、もうちょっと先輩が心開くような過程が欲しかったなぁ・・・って正直思います。

ようするに・・・この「嘘」は春歌ちゃんへの気持ちを隠すためについていた「嘘」だと思うんですが重ねていいますがアニメのこの話だけでは嶺二に感情移入できないんです;;こうやって嶺二が春歌ちゃんに惹かれていってくれるのは嬉しいんだけど、惹かれるまでの要素が足りないってどうしても思ってじまう・・・。

蘭丸回では春歌ちゃんは蘭丸に対して

私、ROCKが好きな先輩も、アイドルである先輩も、全部が全部、黒崎先輩だと思うんです。ROCKがすきだからこそ、今があると思うんです! ・・・だからっ

わりとハッとさせるようなことを言ってるんですよね〜。でも嶺二回では春歌ちゃんは嶺二に対してはこういう印象を述べるに留まってるんです。いつやめてもイイ、ってちょっと出した本音にも辞めないで下さい、っていうしがみつきだけで・・・

面倒見がよくて、誰にでも優しくて、アイドルとしてキラキラ輝いていて・・・

歌うことが好きなんですよね、皆の笑顔が好きなんですよね 

これだと、なんだか表向きの「大人のたてまえ」と「嘘」で塗り固められた嶺二の上辺だけを見ているだけのような気がしてしまうんです。

なんというか、最初は「表」だけを覗き込んでいた春歌ちゃんが段々と「裏」にある嶺二の本質を知っていくような流れがほしかったんだ・・・。

見せたい自分だけを見せる嶺二じゃなくて、見られたくない自分を見られてしまった嶺二を見たかった。
それで「君には嘘はつけないな」っていう流れにしてほしかった。もうワンクッション欲しかった。

嶺二の本質に触れるにはアニメの時間じゃー難しいのかもしれないけれど、蘭丸回は原作の流れをうまいこと汲んで作れてた気がしたので、どうにか出来た気がしたんだけど・・・うまいこと蘭丸のトラウマを生かしながら、アニメにおいての「QUARTET NIGHT」で蘭丸が「どうしたかったのか」が上手く描かれたよねえ・・って思いまして・・・。

嶺二は結局、「QUARTET NIGHT」でどうなりたかったんだろう。

そこがまず置き去りなんだよね・・・。どうして、仲間で歌うことを最初は楽しめなかったんだろう。スターリッシュを見て、どうしてやる気になったんだろう。

そもそも何でいつ辞めてもいいって思ってしまったんだろう? お仕事つめ込まれすぎて疲れちゃったみたいな感じになってるけれど、あれも本音なの? 本当の寿嶺二はどこにいたの?

「仲間で歌う」ことに疑問を感じていたのだとしたら、そこにスポットをあてて欲しかったと思うし・・・。

きっと、仮面被った嶺二の優しさの裏にあるものに私は魅力を感じているから、キラキラした嶺二ももちろん好きなんだけれど、「寿嶺二」という人の魅力引き出しきれなかったんだって思うんだよね・・・ウーン。。

例えそのままじゃなくても、嶺二らしさを反映したストーリー作りというかね・・・。
一発目で春歌ちゃんが曲書き上げてきたときに「ちゃんとみんなをだませてるんだなって、そう思ったよ」ってきなちょーっち突き放すようなことを言ってほしかったなあ・・・無言で車に乗ってるときにそんな雰囲気を感じたのに・・・。最初は曲全部受け入れていいねーいいねーっていってたのにやっぱりぼくは自分に嘘をつきながら君の曲を歌えないっとか意味不明なこといって寿弁当まで脱走して篭城してほしかった。(ヒデェ)
もっとこれは本当のぼくじゃないとか意味不明なこといって暴れて欲しかった。

この嶺二は何も乗り越えてない気がしてしまって物足りない・・・春歌ちゃんと一緒に少しでもいいから何かを乗り越えて、「NEVER...」を歌って欲しかった。

乗り越えてる何かって、嶺二がちょいちょいかけてる春歌ちゃんへのちょっかいだけだったとしたらそれはダメだぁ足りない・・・1話じゃ無理・・・寿嶺二の心の鍵を預けられるにはまだまだ時間が足りなかった・・・。 

ってせっかくの嶺二のNEVER...の曲公開シーンなのに思いっきり不満漏らしてしまった・・・あの、NEVER...自体は最高に神曲です。曲も歌詞も嶺二らしさと、嶺二の「片想い」てきな気持ちが詰まっていて最高に良いです。

いままでの「溺愛テンプテーション」「キスはウィンクで」はノリノリなアイドルソングに茶化すような嶺二らしいラブソングで、「愛しき人へ」は失いたくない気持ちを歌ったものだとしたら、これは本当に嶺二が恋に落ちていく過程を歌った曲なんですよね。 

溺愛テンプテーション

溺愛テンプテーション

  • 寿 嶺二(CV.森久保 祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

愛しき人へ

愛しき人へ

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

キスはウインクで

キスはウインクで

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 アニメ版ではそういった流れを汲むことができないんですが、ゲーム版であれば嶺二と曲作りをしていくたびに重ねていった思い出が呼び起こされていきます。

落ちてしまえばいいのに、大人だからって、恋をするなんて許されないって考えているからって、・・・「NEVER...」の意味は「いまだかつてない」という意味ですから、いまだかつてない気持ち、恋に引き込まれてしまいそうな感情を歌詞として書いたんでしょうね・・・。

ある程度2人の関係が進んでから、あの時を思い出すようにこの歌詞を嶺二が書いたんだとしてもそれもいいし、現在進行形の時に書いてるのでもなんだかキュンときますなぁ・・・。

と、それだけ色々考えさせられてしまうのが今回の作中で歌った NEVER... なんです!オリコンデイリーランキング初登場2位です!!!

ぜひとも聞いて下さい、寿嶺二で、「NEVER...」!!!

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング 寿嶺二

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング 寿嶺二

 

f:id:PrincessGorilla:20150604002610j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

観覧車バックにしてバブリーに歌う寿嶺二すげーアイドルっぽいけどニコニコ動画ではジュリーって言われてて吹きましたけど ジュリーなんて私の母親世代ですよ・・・ よく知ってるね・・・。

f:id:PrincessGorilla:20150604002934j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

\(^o^)/

まだ終われない夢が咲いてる

胸の奥・・・光る星のように

f:id:PrincessGorilla:20150604003146j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

このラスボス感すごい・・・

 

f:id:PrincessGorilla:20150604003229j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

おててつないでるとかもうだめギルティ

いっそ何もかも投げ捨てた

f:id:PrincessGorilla:20150604003347j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

嶺二「本当のぼくを見つけられるとは思わなかった」

春歌「本当の寿先輩?」

 多分春歌ちゃんも「本当の寿先輩DORE!!!?」って絶対なってるから。本当の・・・って何!? 表向きしか見せてなくない・・・? それとも嶺二の心を掴んでひっくり返すだけで恋心芽生えてしまうの・・・? そんな簡単に嶺二の心ってひっくり返るものだったの?

春歌ちゃんのNEVER...の威力強すぎない・・・? 

f:id:PrincessGorilla:20150604003728j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

ぼくは君が好きだ

おい、本当に自分の心に嘘つけなくなってるじゃん!? ってびっくりしたところで

f:id:PrincessGorilla:20150604003848j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

スタスタ歩いてきて

f:id:PrincessGorilla:20150604003916j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

春歌ちゃんから帽子回収して

f:id:PrincessGorilla:20150604003935j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

な〜んてね

 

君に嘘はつけないな・・・

 

からの

 

な〜んてね

 

ぼくは君が好きだ(嘘)

 

君に嘘はつけないな・・・(嘘)

 

ぼくは君が好きだ(嘘)

 

↑しつこい↑

 

大人だからって春歌ちゃん弄んでると100000000倍返しの目に合うから寿嶺二気をつけてねっ、これは最後の最後でまだ嶺二が嘘をついてる、心を隠してる、まだまだこの嶺二とのストーリーは続くよっていう配慮かな!!!?

何が嘘なのかわからないまま自分の心を隠し続けてると、こんな素敵な曲を書いてくれた春歌ちゃんのことを本当に見失っちゃうんだからねっ!!!!

f:id:PrincessGorilla:20150604004211j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

素敵な曲、ありがとう。

トリプルSのQUARTET NIGHTの曲も、よろしくねっ☆

 春歌ちゃん弄ばれた後も「はいっ」て元気にお返事して

f:id:PrincessGorilla:20150604004428j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

おしまいです。

言いたいことは全部作中に書きましたので最後に言及することはいたしませんが、最終的に嶺二はしてはならない嘘をついてしまいました・・・ニセの告白なんて・・・そんな・・・そうやってからかうなんて本当イケナイ大人です・・・どんどん恥ずかしいこと春歌ちゃんに言わせようとするしズルい大人・・・。

自分のことを好きになってくれるっていう確信があって動いたんだろうか、この嶺二は・・・。いやいや・・・いやいや・・・でも「NEVER...」みたいに2人の心が揺れ動いて、互いの気持ちをちゃんと打ち明けあって、ってなれば、いいよね・・・。

アニメじゃ無理だからそこはいいけど、動く嶺二が春歌ちゃんに「後輩ちゃん」っていって、会話すらして、さらに告白(嘘)までしたんだから、大満足っちゃあ大満足なんだよね・・・(T_T) うおおお・・・。

あとさりげなく次回のQUARTET NIGHTの曲よろしくねっっていってるんで次回はカルナイのお話になるんでしょうか? それぞれのお話もおわり、いよいよラストに近づいてきてうたプリマジレボ、これからも楽しみで仕方ありません!!!

タイトル未定

タイトル未定

 

でも発売日から話数として考えると次週ではなく更にその次っていう可能性も・・・。!?

 

果たしてカルナイの新曲とは!?

スターリッシュはカルナイを倒すことはできるのか!?

ヘヴンズは燃え尽きてしまったのか!?

サンキュはどこで流れるのか!?

 

乞う、ご期待!!!

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 第9話 エンドカード

f:id:PrincessGorilla:20150604004616j:plain

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ9話より引用
©UTA☆PRI-R PROJECT

愛してるよ、マイガール。うたプリ