うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

今日は です

クロスユニットアイドルソング「EMOTIONAL LIFE」(一十木音也&四ノ宮那月)発売!

4月22日はクロスユニットアイドルソングの第一弾の発売日です!

どうやらiTunesではまだ配信されていないみたい?

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 一十木音也・四ノ宮那月

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 一十木音也・四ノ宮那月

  • アーティスト: 四ノ宮那月(谷山紀章)一十木音也(寺島拓篤),一十木音也(寺島拓篤),四ノ宮那月(谷山紀章)
  • 出版社/メーカー: b-green
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

今回私がアイドルソングを予約しているのは下記の3店舗です。

今回、森光恵さんがクロスユニットCDのジャケットを描き下しされています。

森光恵さんは、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」でキャラクターデザイン並びに総作画監督を担当されている方です。キャラクター原案は倉花千夏さんですが、このキャラクター原案から、更にアニメでのキャラクターデザインを担当されているのが森光恵さん、ということになります。

QUARTET NIGHTの先輩方のジャケットは、落合瞳さんの描き下しです。

落合瞳さんは、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズで作画監督で担当されています。 

森光恵さんの描きおろしは、以前森さんが発行されたイラスト本Drawing Padの世界観がまた引かれているようでとても素敵です。

落合さんの描きおろした先輩たちは、それぞれキレがいいですね。なんだかとてもツヤツヤしていて、大変血色がいいです。とくにカミュのキレキレっぷりがすごいと思うのですが、何か並々ならぬものを感じるのですが、やはりカミュはアニメ製作陣に愛されているのだろうか・・・。

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング カミュ

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ アイドルソング カミュ

 

このバンパイアっぷりとツヤツヤな髪と切れ目が話題に・・・。

せっかくカミュがバンパイアなので献血ポスターにしてみました。

多分、カミュ回の話は献血のお話だと思うんですよね(適当)

まだ聖川真斗&一ノ瀬トキヤのクロスユニットと寿嶺二のジャケットが未公開となっているので、期待しています! 嶺二! 今期のレボリューションズの嶺二は髪の束感とツヤッツヤ感がすごいので、そういう嶺二がでてるくるのではなかろうか、と期待してます。

聖川さんと一ノ瀬さんはまったく予想できないですね・・・。きっとジャケットである程度ストーリーの印象もわかってきますから、期待度が高まります・・・。

とかいってたらジャケット(4/22)公開されました!

すごくすごく気になってた聖川真斗と一ノ瀬トキヤのクロスユニット、そして寿嶺二のジャケットです!

f:id:PrincessGorilla:20150423003502p:plain

アアアア 美しい・・・ 

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 聖川真斗・一ノ瀬トキヤ

うたの☆プリンスさまっ(音符記号) マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 聖川真斗・一ノ瀬トキヤ

  • アーティスト: 聖川真斗(鈴村健一)・一ノ瀬トキヤ(宮野真守),聖川真斗(鈴村健一),一ノ瀬トキヤ(宮野真守)
  • 出版社/メーカー: b-green
  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 アマゾンではまだ反映してない・・・

f:id:PrincessGorilla:20150423003654p:plain

そしてこの寿嶺二ですよ。

なんか嶺二が首に巻いてるのなんなの!?と話題になってましたが、おそらくクールマフラーではないか疑惑が。なんでクールマフラー!?

実際クールマフラーしてるのかはしらんけどクールマフラーにしか見えなくなってきた(困惑) 

そういえば、今回先輩たちにきれいなグラデーションがかかってるんですよね。藍ちゃんだけグラデーションがあまりかかってないのが気になるのですが・・・。

このおっきいキャプション画像だとかかってないように見えるけれど、ジャケットだとちゃんとかかってるぽいですね?

f:id:PrincessGorilla:20150423003944p:plain

これはグラデーションかかってない

 

f:id:PrincessGorilla:20150423004010j:plain

こっちのジャケット画像だとグラデーションかかってる

おっきい画像のほうでもグラデーションかけてほしいな〜・・・。なんとなくですけど!

そしてようやくの曲感想を・・・!

 「EMOTIONAL LIFE」(一十木音也&四ノ宮那月)感想 

音也と那月の得意楽器である「ギター」と「ヴィオラ」のイントロで始まる、とても印象的で加速性のあるメロディ。

音也と那月ってそれぞれ似てるようで似てるような曲調の曲を歌ってますよね。

音也は元気のある前向きのある曲。

那月は少し翳りのあるバラードと言えるような、キャッチーな曲。

その2人の曲の良さがうまく混ざり合ったような曲のイメージを受けます。

 この「EMOTIONAL」という英語の意味は、

1〈人・性質など〉感情に動かされやすい,感情的な,情にもろい,感激しやすい.
(用例)an emotional person 感情的な[情にもろい]人.
2〈音楽・文学など〉感情に訴える,感動的な.
(用例) emotional music 主情的な音楽.
3(比較なし) 感情の,情緒の.
(用例) an emotional decision 感情的な決定.

という意味になるようです。

emotionalの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

感情的なという意味が表にでるようですが、英語の意味から考えていくと、とても音也と那月っぽいですよね・・・。

歌詞の中に、

太陽と月のハーモニー

と、あるのですが、まさにこれですね。太陽で照らしていく音也の前向きな明るさと、月で照らしていく、那月のまた違う明るさ。

2人は似てるようで似ていない。似ていないようで似ている。表現してみればどんな風に表現できるのかもしれないけれど。

木漏れ日ダイヤモンド(一十木音也)

音也の曲の方向性って、ここまできてどんどん変わってきてます。方向性が変わっているというより、音也が成長しているのでしょう。

TRUST☆MY DREAM、BRAND NEW MELODY、SMILE MAGIC・・・今までの全部は、素直に自分の「大好き」という気持ちを歌ってたきように感じます。

BRAND NEW MELODY

BRAND NEW MELODY

  • 一十木音也(CV.寺島拓篤)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 彼は元々、自分の気持ちに正直にぶつかっていくスタイルの人間なので、歌もそういう表現が多かったんですよね。そしていろんなことに躓いて、いろんな人に迷惑かけたりして、皆に心配されたりしながら、どんどん「アイドル」って何なのかを知っていく。うたプリのASASも、音也がトキヤをライバルとしてようやく意識していくような(トキヤは学園時代からずーーーーっとライバルだと思ってたのにだよ!?)シーンもあり、確実に音也は成長していることが伺えます。

そして、このソロ曲です。

歌ってる季節は春なのかな。どちらかというと5月の、夏に近い初夏のはじまりなのかもしれません。マジLOVEレボリューションズが、そんな季節感であることを感じますし。

今まで突っ走ってきた音也が、ふと立ち止まって振り返るでもなく、上を見上げて眩しさに目を閉じてるシーンが思い浮かびますよね。

今までは何も考えずに「会いたい」と感じたらもう会いに走ってたような曲を歌っていた彼が、

ああ なんていうかさ 幸せを積み上げていくと

なぜだろ? こんなに不安で

逆にちょっと 怖くなっちゃって

会いにゆく? でも今日は

ぐっと Miss you

 気持ちが通じて、限りない幸せにあふれていて・・・多分、音也って幸せを感じることが多い人だったと思うのです。彼の生い立ちは、誰かから見たら、気を使ってしまうほどに「辛い過去」が入り交じっているのかもしれないけれど、それはきっとその誰かから見た意見でしかない。

可哀想、寂しそう、そんな印象を音也からは受けない。彼はそうやって自分を表現してこなかったからだと思うのです。

人の幸せは他人の物差しでは測れない。彼が幸せだというのであればそれは幸せで、そして、彼の場合は積み上げていった幸せが崩れていくその瞬間を知っているからこそ不安になっているのかもしれない。

だからその幸せを埋めるために、感情的に、人を愛したことで愛する愛で気持ちを埋めていたのかもしれないけれど、ここで歌う音也の心はちょっぴりまた大人になってる気がします。

「会いたい」と思う気持ちを、グッと我慢して、次に会えるときの幸せにまた代えようだなんて、いう気持ちを歌ってるんです。

今日は何をしてるのかな?

願わくば笑顔で ありますように

こうやってずっと一緒にいるときではない相手を想像する恋心って、すごい恋人っぽいじゃないですか。ふとしたときに思うんですよね。今この時間、俺はこうしてるけれど、彼女は何しているのかなあ、ってふっと考えるそんな時間が、余裕ができてる音也、もう、確実に愛育てすぎだぞ!

そして最後のフレーズ。

恋するのも愛するのも

最初で最後の君へ 一緒になろう

これはプロポーズかな? もちろん受けて立つけども

これはもしかして、次のうたプリの最新作でのルート曲になるのかな? だってだって、アニメ3期ではソロ曲にちなんだストーリーは1話ごとにやらないんでしょう・・・。

だとしたらこれはもう、音也からのプロポーズの曲だよ。恋するのも愛するのも、最初で最後、初めてのお付き合いで、最後まで君を連れて行くよ、一緒になろうって、ダイヤモンドの意味は4月が誕生日の音也の誕生石というわけでだけではなく、プロポーズの意味のダイヤモンドも混ざりこんでるのかな。

これが音也のプロポーズの言葉だったらもうボロッボロ涙零して大変なことになります。ASASのセリフもいいんだけど、なんか違うのね。やっぱり曲に乗せて歌われると感傷100倍に浸るから、こんな歌詞つけられたら大変なことになる。大変なことしか言ってない。100点満点の音也のソロ曲でした。プリライ5thで歌ってね(行くこと前提)

The New World(四ノ宮那月)

んっ

これは那月かな? 砂月かな? というか、まず驚くべきところは、これだけ激しく歌うのに歌ってる谷山紀章さんが四ノ宮那月らしさを全然失っていないところなんですよ・・・。

うたの☆プリンスさまっ♪に出てくるプリンスさまたちって、それぞれ抱え込んでるものがたくさんあって、それを歌で自分を取り戻していくところがあるのですが、その中でも那月の隠してしまいこんでる心って、誰よりも深いものがあると思うのです。

普段の口調や性格からは考えられないくらいに激しく歌う那月って、歌ってるときはすごく快感を得てると思います。そしてそれが本当の「自分」なんだとも感じてる。上手く伝えられないことが、曲に乗せてなら、歌に乗せてなら、表現できると思ってる。

☆YELL☆を歌ってた那月も、きっと本当の自分なんだと思うのですが、The New Worldを歌う那月もまた、本当の自分なんだと思います。

☆YELL☆

☆YELL☆

  • 四ノ宮那月(CV.谷山紀章)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 那月は「天才」として色んな人から扱われてきました。家族から。恩師から。同じ幼少期に出会った、来栖翔にすら。人に出来ないことを軽々しくやってのけてしまう。翔にしてみれば、努力だけでは追いつけない存在、それが那月でした。

時には涙して(Wow) 全部捨てそうになって(Wow)

でもあなたがいたから(Wow)

溢れだす力 もう塞ぎ止めやしない

 月が照らす光があるのであれば光が隠す影もあるはず。「何を理解してほしかったのか」「何が伝えたかったのか」「何がしたいのか」天才と周りから評されてしまうが故に、考えていることを1から理解してもらえない、そんな闇に那月はいつも1人ぼっちでいたのだと思います。

それでもスターリッシュたちと出会って、自分のために曲を書いてくれる人に出会って、大好きな歌を歌って、「それでいいんだ」と思えるように那月もなったのでしょう。

那月にとってみれば、「四ノ宮那月」という印象をぶち破っていくこの曲調とメロディ、そして歌ってほしいと願われることこそが新しい世界に四ノ宮那月が飛び出していく、ということになるのかもしれません。

それぞれのソロ曲は、それぞれのプリンスをイメージして作られていく中でこの印象的な曲ですからね。。。

一ノ瀬トキヤのIndependenceの曲に似てますよね。彼もまた、HAYATOというものを脱ぎ去って、今までの自分を捨てるような曲調、歌詞、そして歌い方でしたから。

Independence

Independence

  • 一ノ瀬トキヤ(CV.宮野真守)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲も次のうたプリ最新作のルート曲になるのだとしたらストーリーが気になるな・・・というか曲に沿ってストーリーがあるからさ・・・色々想像してしまいますよね・・・期待が募っていってしまう・・・ンゴゴゴ。