うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて

収入よりグッズ支出がついに上回りました

about

過去のブログをアーカイブ化しました。

上記に伴い一部記事の非公開化、リンク切れがあります。ご了承ください。

このブログについては、「はじめに」をお読みください。

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE LIVE STAGE(プリライ)レポート集

 
プリライ6th レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
プリライ5th レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
プリライ4th レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

QUARTET NIGHT LIVE(カルライ) レポート集

 
カルライ2017 レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE アニメ 上映会レポート集

 
レジェンドスター上映会 レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
レボリューションズ上映会 レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

ブロッコリー株主総会レポート

 
23期 ブロッコリー株主総会 レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
22期 ブロッコリー株主総会 レポート
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

うたの☆プリンスさまっ♪ エイプリルフール

 
2017 「PRINCE CAT 招待状」
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2016 「劇団シャイニング再演」
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 「江戸の☆お殿さまっ♪」
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

シャイニングストア(シャニスト)レポート

 
2016 シャニスト(シャニフェス)
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 シャイニングストアサテライト
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 シャイニングストア
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2014 シャイニングストア
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

広告・展示会レポート

 
カップルックTシャツ 展示
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 広告まとめ
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

コラボイベントレポート

 
2016 八景島コラボ
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 ナンジャタウン
記事内における引用については「はじめに」をお読みください
 
2015 カラ鉄コラボ
記事内における引用については「はじめに」をお読みください

うたプリ ASAS発売まであと3日!(美風藍編)&ASASうたプリ 駅広告まとめ

各地の駅広告でプリンス様が見つかっておりますが

 ASASの発売日も着々と近づいておりますね・・・。

 北海道(新札幌駅) 四ノ宮那月

 宮崎県(宮崎駅) 聖川真斗

 滋賀県彦根駅) 一ノ瀬トキヤ

 青森県新青森駅) 愛島セシル

 宮城県(仙台駅) 黒崎蘭丸

 島根県松江駅) 寿嶺二(画鋲)

 山口県山口駅) 美風藍

 徳島県徳島駅

 

 大分県別府駅) 来栖翔

 香川県高松駅) 一十木音也

 和歌山県和歌山駅) カミュ

 

神宮寺レンが行方不明です・・・。

 

f:id:PrincessGorilla:20150309005318p:plain

 

美風藍(よみがな:8bitなの?) CV:蒼井翔太

 先輩なのに最年少。知識は豊富なのにコミュニケーション能力は皆無であり、お察し力や気遣いなどといった人間的な要素が欠けている。正しいことなのになぜ言ってはだめなのか、ナドナド、めんどくせえ人間社会に切り込んでいく問題提起型アイドル。

 

 しかし色んな経験を積んでいくことによりレベルアップし(文字通り)、先輩の中で先輩として一番成長していくキャラクターでもある。蘭丸のこだわりとは違う、つめ込まれた知識から計算される確率等を根拠にして論争するので口喧嘩では勝てそうにない。

 

 彼には非常に多くの秘密や謎が隠されており、アイドルデビューとしても経歴がすべて隠されて登場したキャラだ。謎すぎるが故にその秘密が明かされたときの驚きは多い。散々書かれているのでもうすべてを知っている人が多いと思うが、出来ればゲーム版をプレイして驚いてほしい。

 

 彼が何かを経験し、何かを得ていくことは残酷なことでしかないのだろう。何を目的として生まれ、何を以ってして彼が「生まれた意味」となるのか、誰もわからないからだ。

 それでもきっとQUARTET NIGHT の1人としての美風藍は他のQUARTET NIGHT3人にとって「美風藍」として残るであろうし、彼を知ってファンとなった人々もまた彼を「美風藍」として知っていく。

 彼を彼として認識し、彼が誰なのか、生み育て慈しんでいくのはきっと、彼と触れ合うすべての人々なのかもしれない。

 そして彼と一緒に恋を知ったあなたは、たくさんの希望と絶望を繰り返しながら、それでもいつか、それでよかったと思えるように、音楽を通して通じ合うのかもしれない。

 彼があなたを愛したように、いつか自分のこともまた愛せるように。

 次は「...バイバイ」じゃなく、「またね」と会える奇跡を信じて。

 あなたと明日を生きていく。